最新のお知らせ

ソフトウェア開発サイト「SourceForge.JP」2013年下半期のトッププロジェクトを発表
SourceForge.JP、テキストファイルの共有機能「SFコピペ」を提供開始

SourceForge.JP Magazine

C++11やC++14のサポート改善や最適化機能の強化が行われた「GCC 4.9」リリース

 GCC開発チームは4月22日、コンパイラセットの最新版「GNU Complier Collection(GCC)4.9」をリリースした。C++11およびC++14のサポート改善などが加わっている。
ニュース オープンソース デベロッパー 開発ツール 末岡洋子
関連記事

「Heartbleed」セキュリティ問題を受け、OpenBSDがOpenSSLフォークの「LibreSSL」を開発

 The OpenBSD Projectのメンバーが新プロジェクト「LibreSSL」を立ち上げた。OpenSSLで発見された「Heartbleed」脆弱性問題を受けてのもので、OpenSSLをフォークして新たなSSL/TLSプロトコルのフリー実装を作成するという。次期「OpenBSD 5.6」に導入する予定で開発を進めるという。
ニュース オープンソース セキュリティ デベロッパー 末岡洋子 OpenBSD
関連記事

ネットワーク/ストレージの処理能力をチェックするためのベンチマークツール

 サーバー上でさまざまなサービスを構築する前に、そのサーバーの処理能力を把握しておくことは重要だ。特にネットワークの帯域やストレージの速度といったリソースはサービスの品質に大きく関わってくる。そこで、今回はこれらの性能を調査するためのベンチマークツールやその使い方を紹介する。
オープンソース デベロッパー 開発ツール 特集 松島浩道

「Scala 2.11」リリース、コンパイラの性能強化などが行われる

 プログラミング言語Scala開発チームは4月21日、最新版となる「Scala 2.11.0」をリリースした。小型化、高速化、安定性の強化の3つにフォーカスして開発したもので、Java 8の実験的サポートも追加されている。
ニュース オープンソース デベロッパー プログラミング 末岡洋子 プログラミング言語
関連記事

米Telerik、HTML5ベースのWeb/モバイルアプリ向けUIライブラリ「Kendo UI」をオープンソース化

 Web/モバイル向けアプリケーションやユーザーインターフェイス(UI)開発技術を提供する米Telerikは4月16日、HTML5ライブラリ「Kendo UI」をオープンソース化ことを発表した。
ニュース オープンソース デベロッパー 末岡洋子 ライブラリ モバイル
関連記事

Slashdot Japan

AKIBA PC Hotlineの「アキバでごはん食べたいな」、連載再開

あるAnonymous Coward 曰く、電気街・パーツショップ街だった古のアキバと言えば、牛丼サンボ(過去記事)やラホールのカレー、秋葉原デパートのキジ丼など買い出し中・後の食事をとる場所が限られていたものである。しかしつくばTXや秋葉原UDX開業などを経て、再開発が進みアキバ(とその周辺地域)の食事処は急速に増えた。 これら食事処をマンガ形式で紹介していたのがちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』(バックナンバー)であるが、昨年11月20日の記事以降、長期休載になっていた。担当クボ氏(マンガにも登場)の年末の編集後記(久保亘氏の項目)では、作者ちょび氏に対しドクターストップがかけられていたことが記されていたが、ついに連載が再開した模様。 新しい記事もすでに配信されており、あいかわらずの健啖家がうかがえる。

すべて読む | idleセクション | 日本 | idle

関連ストーリー:
秋葉原での客引き行為を規制すべく、千代田区が区内全域で客引き行為全般を禁止へ 2014年02月19日
秋葉原ラジオストアー、11月いっぱいで閉店へ 2013年09月26日
スクール水着姿の女性が洗車してくれる「スク水洗車」、秋葉原でサービス開始 2013年07月24日
秋葉原の牛丼専門「サンボ」、3月1日から食券制に 2011年02月25日

MozillaのBugzillaに1000000個目のバグが登録される

あるAnonymous Coward 曰く、Mozillaの製品やサービスなどのバグや要望などを管理しているBugzillaに、日本時間の4月23日17時10分、1000000個目のバグが登録された。 最近のBugzilla@Mozillaでは「切り番」に「先着1名にビールをおごる」というものが登録登録されていたが(900001個目、800000個目、700000個目)、1000000個目のバグはキーボードに関するものだった。 これを受けて祝福のバグが登録されたり、IRCでスクリプトでバグを連続登録した事への反応などがあった。

すべて読む | ITセクション | Mozilla | バグ | ビール | IT

関連ストーリー:
Pwn2Own 2014で攻略された回数が最も多かったWebブラウザーはFirefox 2014年03月23日
バグトラッキングシステム「Bugzilla」、初リリースから15周年 2013年09月17日
SeaMonkeyにあった1000個の未確認バグ、8週間で5個にまで減る 2008年06月05日

Xbox Oneの国内発売、9月4日に決定

あるAnonymous Coward 曰く、Xbox Oneの国内発売日が2014年9月4日に決定したことが発表されました。 国内の多くのゲームメーカーもXbox One向けタイトルを発売する予定だそうで、多くのタイトルが発売される模様(4Gamer)。とはいえ多くのメーカーはPS4/PS3/Xbox 360/PCといった複数プラットフォームでのマルチ展開を行っているので、Xbox One独占タイトルはMicrosoft傘下スタジオ製のものだけとなる可能性も高そうです。 また、Xbox Oneはテレビチューナーとの連携も特徴の1つですが、日本と海外ではテレビ事情が異なることもあり、テレビチューナー連携機能でどのようなことができるかはまだ不明です。 PS4や海外のXbox One発売からはだいぶ遅れての国内発売となりますが、Xbox Oneの巻き返しはあるのでしょうか。それとも、Microsoft的には市場シェア以外の目的があるのでしょうか……。

すべて読む | マイクロソフト | ゲーム

関連ストーリー:
ゲームプラットフォームとしてPCは今後も期待できる 2014年04月15日
Xbox One、ついに日本発売が正式決定 2014年03月19日
Microsoftはゲーム事業を手放すべきか 2014年02月24日
PlayStation 4、日本発売開始を前に全世界で530万台の売り上げを達成 2014年02月20日

ゲオがソネットと組んで格安SIM市場に参入

earthlight 曰く、CD/DVDやゲーム機、スマートフォンなどの販売で知られるゲオが、ソネットと組んで格安SIMパッケージ販売に参入する。4月26日より全国約1000店舗で、MVNOとしてNTTドコモのXi/FOMA回線を利用するサービス「Smart G-SIM by So-net」および「Smart G-SIM for Wi-Fi by So-net」を販売開始するという(発表PDF)。 「Smart G-SIM by So-net」は下り150Mbps/上り50Mbpsという通信速度で、通信量規制が30MB/日の「プラン30M/day」(月額880円)と50MB/日の「プラン50M/day」(月額1,278円)が用意される。どちらも初期費用は3,000円。 また、「Smart G-SIM for Wi-Fi by So-net」は無線LANルータが付属するプランで、速度は下り/上りともに2Mbps、通信量規制は2GB/月および360MB/3日。料金は月額1,833円で初期費用は3,000円、24ヶ月の定期契約という縛りがある。 提供されるルーターはFS010Wとのことなので富士ソフトの同製品と考えられる。31000円のルーターを24回払いの割賦契約して実質無料となるという。 販売開始キャンペーンとしてゲオが販売するスマートフォンの3,000円の値引きやネットワークの増速・増量キャンペーンも行われるとのこと。キャンペーンの適応は4月26日から6月30日まで。ルータープランが2年縛りで最大2Mbpsへの速度制限があるなど注意点はあるが、競争の激化により消費者への還元が進むのであれば歓迎したい。皆さんはこのプラン、魅力を感じますか?

すべて読む | モバイルセクション | ネットワーク | 携帯通信

関連ストーリー:
IIJがMVNOとして提供する「みおふぉん」、4月17日よりMNP転入が可能に 2014年04月16日
ドコモが昨年12月に「純増数トップ」になったのはMVNOのおかげ? 2014年01月15日
日本通信、競合と同料金でちょっとだけ通信量が多いモバイルデータ通信サービスを発表 2013年12月26日

STAP事件の余波で論文のコピペ問題とその対策が注目される

あるAnonymous Coward 曰く、STAP事件に関連する疑惑の1つに、「博士論文のコピペ疑惑」がある。早稲田大学、先進理工学研究科の全博士論文を調査するなど波紋は広まっているが、これを受けて「コピペ判定ソフト」が注目されているらしい。 ITmediaの記事によると、コピペ判定支援ソフト「コピペルナー」の販売元には事件発覚後多くの問い合わせが寄せられるようになったという。また、東大は研究不正対策としてコピペ判定ソフトを導入する方針を示しているそうだ。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | 教育 | IT

関連ストーリー:
早稲田大学、先進理工学研究科の全博士論文を調査へ 2014年04月07日
理研、STAP細胞研究論文の疑義に関する調査中間報告を行う 2014年03月14日
コピペは本当に悪いのか? 2012年05月15日
新たなtypoスタイル「Mis-paste」 2011年11月12日

SourceForge.JP 最新リリース

linuxBean 14.04 (Trifolium) - 14.04-140424 / linuxBean

linuxBeanは、「軽くて速くて即使える」ことを目標に据えた、ubuntu派生のLinuxディストリビューションです。調整しなくても日本語が使え、すぐにネットに繋がり、欲しいソフトが簡単が探せる、Linux初心者が古いPCを再生させるための切り札を目指しています。

FAQ、質問は 【こちら】 へどうぞ
(※パソコン初心者の方は敷居の低いLubuntuやPuppy Linuxをご利用下さい)

作者サイト:http://hitaaki.blog47.fc2.com/

ソースコード1 ソースコード2

jpropedit-gui - 1.15.2893 / Java properties editor

Java properties file を GUI で簡単編集

22_hinemos_cloud_cloudn - Standard for Cloudn 2.0.2 (Hinemos4.1) / Hinemos

Hinemosは、複数のコンピュータを単一のコンピュータのイメージで運用管理することを実現するオープンソースソフトウェアです。 ユーザが運用目的ごとにコンピュータをグループ登録し、グループに対して状態監視、ジョブ管理、性能管理、一括制御を行う機能を備えています。最新版は4.1.1になります。
日本語版ドキュメントは下記URLからダウンロードできます。
http://sourceforge.jp/projects/hinemos/releases/?package_id=4738
英語版ドキュメントは下記URLからダウンロードできます。
http://sourceforge.jp/projects/hinemos/releases/59480
ソースコードは下記URLからダウンロードできます。
http://sourceforge.jp/projects/hinemos/releases/?package_id=4739

MaceWinduSource - 0.0.2 / MaceWindu

RS-232CやUART等のシリアル通信を行うためのソフトの開発をJavaを使用しマルチプラットフォームで行います

主にマイコンとの通信を主眼においた機能を搭載させる予定です 具体的には,データの受信・送信を2進数,16進数,10進数,文字列などで行えるようにします

また,シリアル通信用にRXTXライブラリを使用しています。 MaceWindu起動前にRXTXライブラリをインストールしていないと使用できません http://mfizz.com/oss/rxtx-for-java

letter-fix - 2.1.1b / LetterFix for Mac OS X Mail.app

Mac OS X の Mail.app を用いてメールを送信する際に,メール作成中に不注意で入力してしまったUnicode文字や,Mail.app の仕様によりメール受信時にUnicode文字に変換されてしまった文字を,返信編集開始時・保存時・送信時にチェックを行い,別の文字に置換することで,日本国内で一般にメールのやり取りで用いられている ISO 2022-JP エンコーディングでメールを送信する手助けを行うプラグインです。注:このプラグインには,受信時や閲覧時に文字化けしたメールを修正するための機能はありません。あくまでも,送信メールのテキストエンコーディングをISO 2022-JP に設定する手助けをするためのプラグインです。

メール送信相手先のUnicodeに対応していないクライアントで,文字化けメールが発生することを防ぎます。

Mac OS X Mavericks 10.9 - 10.9.2 に対応。 (Mac OS X 10.5 - 10.8.5 に対応のバージョンは,1.4.0となります)

Mavericks 対応について

Mavericksに付属のMail.appでは,送信文字コードを設定する機能が失われており,日本語の新規メールがすべてUTF-8+Base64で送信されることから, 対応が困難と考えておりました。しかし,2013年12月になってから,ISO 2022-JPで送られてきたメールに返信した場合には,ISO 2022-JPエンコードでメールを送信する機能が 組み込まれていることを教えて頂き,その挙動と内部構造を分析した結果,返信以外のメールにも対応可能と考え,ここに開発を再開させて頂くこととなりました。

謝辞

このプラグインを作成するにあたり,

- http://code.google.com/p/quotefixformac/ - http://code.google.com/p/leopard-preferred-mail-charset-fix/ - http://www.mronge.com/2009/09/10/nasty-hacking-with-64-bit-objective-c/ - http://d.hatena.ne.jp/NAOI/20091001/1254376037

を参考にさせていただきました。