最新のお知らせ

ソフトウェア開発サイト「SourceForge.JP」2013年下半期のトッププロジェクトを発表
SourceForge.JP、テキストファイルの共有機能「SFコピペ」を提供開始

SourceForge.JP Magazine

「Ubuntu 14.10(Utopic Unicorn)」をリリース、PaaSのCloud Foundryをサポート

 英Canonicalは10月23日(英国時間)、人気Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新版「Ubuntu 14.10」(開発コードネーム「Utopic Unicorn」)をリリースした。デスクトップ向けでは開発者ツールセンターの導入が、サーバー向けでは「Cloud Foundry」サポートなどPlatform as a Service(PaaS)向け機能やビックデータ関連の強化などが行われている。
オープンソース Linux Ubuntu 末岡洋子
関連記事

Appleの新言語「Swift」をオープンソースで実装するプロジェクトがスタート、GNUStepの開発者も参加

 米Appleが今年発表したプログラミング言語「Swift」をオープンソースで実装するプロジェクト「Phoenix」が立ち上がった。オープンソース実装を用意することで、iOSとMac OS X以外でのSwiftの利用を可能にすることを目指す。
ニュース オープンソース デベロッパー プログラミング 末岡洋子 プログラミング言語
関連記事

Webブラウザを内蔵した「Emacs 24.4」リリース

 テキストエディタEmacsの開発チームは10月20日、最新版となる「GNU Emacs 24.4」をリリースした。Webブラウザ機能の内蔵などの新機能が加わっている。
ニュース オープンソース デベロッパー 末岡洋子
関連記事

「OpenStack 2014.2 Juno」公開、データ処理サービス「Sahara」が正式版に

 オープンソースのクラウド基盤「OpenStack」の開発母体であるOpenStack Foundationは10月16日、最新版となる「OpenStack 2014.2」(開発コード「Juno」)をリリースした。データ処理サービス「Sahara」プロジェクトが正式プロジェクトとなり、ネットワーク仮想化機能「NFV」の初期サポートも加わっている。
ニュース オープンソース デベロッパー グリッド/クラウド 末岡洋子
関連記事

米Docker、コンテナオーケストレーションツール「Fig 1.0」をリリース

 米Dockerは10月17日、Dockerと組み合わせて利用するオーケストレーションツール「Fig 1.0」をリリースした。初のメジャーリリースとなり、Dockerとの統合が強化されている。
ニュース オープンソース デベロッパー 仮想化 管理/監視 末岡洋子
関連記事

Slashdot Japan

巨大カルデラ噴火の確率は小さくない

maia 曰く、 巨大カルデラ噴火が日本列島で起こる確率は今後100年間に約1%とする研究が発表された(東京新聞、神戸大学のニュースリリース)。 この確率は、兵庫県南部地震 (阪神・淡路大震災) 発生前日における30年発生確率と同程度である。日本列島での巨大カルデラ噴火(破局噴火)は大体10万年に10回程度起きているから、確率は納得がいくだろう。 直近では7300年前に喜界カルデラが噴火しており、九州南部の縄文文化は壊滅し、回復に1000年近くかかった。28000年前の姶良カルデラ噴火が現代に起きたとすれば、700万人が高温の火砕流に直撃され、1億2000万人が被災し、しかもその救援活動がほぼ絶望的になると予想される。つまり巨大カルデラ噴火の確率は小さくないし、起きた時の影響は壊滅的に甚大である。活火山であっても正常化バイアスが働くのが現実社会であるが、やはりその時に備えた対策は用意しておくべきではなかろうか。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球

関連ストーリー:
御嶽山の噴火による犠牲者、その大半は噴石による外傷が原因 2014年10月12日
講談社がブルーバックス「Q&A 火山噴火」をPDF形式で無料公開 2014年10月08日
日本の火山地域で火山性流体の圧力が高まっている可能性 2014年07月18日

Xerox、Altoのソースコードなどを公開

taraiok 曰く、Computer History Museumは、パロアルト研究所の許可を得て1975年から1987年までに開発されたAltoのソースコード、実行可能ファイル、ドキュメント、フォントファイル、およびその他のファイルのスナップショットファイルを公開した。利用は非営利目的に限定されるとのこと(Computer History Museum、Xerox PARC Alto filesystem archive、Slashdot)。 1970年、Xeroxは電子事務機器の基礎を築くことを目標として、パロアルト研究所(PARC)を設立した。1972年に始まったAlto projectは、ラスタディスプレイ、マウス、ポインティングデバイス、直感的な操作が可能なユーザーインターフェイス、ウィンドウやメニュー、イーサネットなど現代の基本的なハードウェアとソフトウェアの基礎を生み出した。試作品であるAltosは製品としては販売されなかったが、Xerox社内や大学など1500の組織に配布され、その遺産はのちにさまざまなインスピレーションを生み出すことにつながった。

すべて読む | ITセクション | ソフトウェア

関連ストーリー:
ゼロックス Altoから30年 2003年04月10日
Windowsは人類を変えた発明でない? 2002年09月29日
Xerox PARCが独立 2001年12月12日

Google、新メールアプリ「Inbox」を発表

insiderman 曰く、Googleが新しいメールアプリ「Inbox」を発表した。AndroidおよびiOS向けのアプリと、Google Chrome上で動作するアプリが提供されている。ただし現在は招待制というステータス(ITmedia)。 メールやリマインダ機能を統合したアプリで、たとえばAmazonでの購入に関連するメールであれば注文した商品や配送状況といった関連する情報を自動で表示する機能を持つ。似たような機能はすでにGmailにも導入されているが、それを発展させたもののようだ。

すべて読む | ITセクション | Google | IT

関連ストーリー:
GoogleがGmail内で保存されている児童ポルノ画像を発見、通報 2014年08月06日
Google、機密情報メールの誤送信に対してアクセス遮断要請に応じる 2014年07月07日
Google、Chromeで使えるメールの暗号化ツールを公開 2014年06月05日

技術の低い人限定ロボコンMini、11月23~24日に開催

あるAnonymous Coward 曰く、「技術の低い人限定ロボコンMini」(通称:ミニヘボコン)が11月23日・24日に開催される。東京ビッグサイトで行われるMaker Faire Tokyo 2014内で行われるもので、大会の模様はデイリーポータルZでレポートされる(大会概要)。 「技術力の低い者で集まり、技術力の低いロボットを戦わせることでお互いの技術力の低さを確認しあい、ぬるま湯の安心感に浸ります。」という趣旨で、競技内容は「フィールドから先に出た方が負け」という、いわゆるロボット相撲。マシン規定として「技術的に稚拙であること」というものがあり、遠隔操縦や自動操縦といったハイテク技術を独自実装するとペナルティを受ける(市販のラジコンを使う、といったものであればセーフ)。 すでに「技術力の低い人限定ロボコン」(通称:ヘボコン)第一回が7月に開催されており、そこではさまざまな「技術力の低いロボット」が集まった(レポート記事)。出場したロボットは「基本的にはまともに動かない、うまく動いているところはたいていタミヤのキット」という感じだったそうだが、アイデア勝負という点は普通のロボコンと同じだろう。 2日間で計6回開催され、各回の定員は8名。事前登録を受け付けているので、興味のある人はいかがでしょうか。

すべて読む | テクノロジー

関連ストーリー:
これだけで必要な栄養素を摂取できる新たな液状食品「ambro」 2013年11月21日
DPZの「一人で彼女にあーんしてもらっている写真を撮る方法」、世界で話題に 2013年08月16日
ネットで参加できるロボコン、開催 2009年08月20日

AutodeskがDNAの3Dプリンティング技術で癌細胞をハッキングするウイルスを開発中

あるAnonymous Coward 曰く、CADや3Dグラフィックスソフトで知られるAutodeskが、DNAを人工的に合成する「3D printing DNA」技術を用いて、癌細胞を「ハッキング」するウイルスを開発中らしい(WIRED)。 開発を行っているのは、Autodesk傘下の生命科学研究所「Pier 39」。ソフトウェア企業が開設した史上初の生命科学研究所だという。現在、癌の治療に用いられている薬剤は毒性が強い。そこで、個々の患者に高度にカスタマイズされた対応を行うことが究極の治療法だと考えているという。 同研究所に所属する生物学者のアンドリュー・ヘッセル氏は、すでに(DNAの)3Dプリンティングでのウイルスの作製に成功しているそうだ。「次は、デザインを変更して、癌を抑えるウイルスの作製に着手すればいいだけだ。癌細胞は壊れた細胞だ。これらのウイルスは、ひとつの癌細胞に感染し、ハックして乗っ取ると、そこから次々に癌細胞を乗っ取っていく」とのこと。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | バイオテック | 医療

関連ストーリー:
Autodesk、ソフトウェアの「アップグレード購入」を廃止へ 2014年02月27日
DNAを記録メディアにする試み 2012年08月31日
Autodesk社、Mayaに続きSoftImage|XSIも買収 2008年10月27日

SourceForge.JP 最新リリース

Piwik patches for Japanese - 20141024 / piwik-fluentd

もともとの Piwik のログ取り込み機能を拡張し fluentd からのログも取り込むべく開発を行う。 Piwik の日本語(マルチバイト)問題を解決するパッチの提供。 Piwik 日本ユーザー会有志による。

opencv_build_for_codeblocks - CV2.49 - gcc4 / Psychlops

Psychlopsは、心理物理学・神経生理学用の実験刺激を簡単に描画することを目指すプロジェクトで、C++ライブラリとして提供されています。

NeighborNote - 0.5.2 / NeighborNote

NeighborNoteはEvernote上に散在しているたくさんのノートの中から、ユーザの操作履歴を利用して関連するノートを抽出し、連想ノートリストとして提示する機能を持つアプリケーションです。開発には、Randy Baumgarte氏が開発したオープンソースのEvernoteアプリケーションクローンNixNoteを利用させて頂きました。NeighborNoteはオープンソースソフトウェアなので、誰でも無料で利用することができ、Windows、Machintosh、Linux上で動作します。以下のような特長があります。

・関連ノート表示(連想ノートリスト) ・タブブラウザ

WebサイトURL:http://puma.cis.ibaraki.ac.jp/products/neighbornote/

mydnsjp-adapter - 20141023 / mydnsjp-adapter

MyDNS.JP(ダイナミックDNS)用のIPアドレス通知装置を開発するプロジェクトです。 単にIPアドレスを通知するだけでなく、さまざまな活用が出来るように模索していきます。

NOAPackage - 141022 / noa-project

1985年から診療現場で使いながら開発を続けてきた電子カルテ NOA を、これからは少しでも世の中の役に立つよう、オープンソースで公開します。関連情報は以下。 https://sites.google.com/site/noawebspace/ 実際に NOA を診療に使っているユーザの方々とのクローズドな Mailing List を設け、情報を共有したり、質疑・新規機能のリクエストなどを受け付けています。