Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

FrontPage > 製品 > システム基盤 > アプリケーションサーバ > Sun GlassFish Enterprise Server

Sun GlassFish Enterprise Server

Sun GlassFish Enterprise Serverは、次世代のアプリケーション/サービスを構築/展開するために最適な、業界をリードするオープンソース/オープン・コミュニティのプラットフォームであるGlassFishを対象とする包括的なサポート・サブスクリプション・サービスです。

製品概要

Sun GlassFish Enterprise Serverは、次世代のアプリケーション/サービスを構築/展開するために最適な、業界をリードするオープンソース/オープン・コミュニティのプラットフォームであるGlassFishを対象とする包括的なサポート・サブスクリプション・サービスです。Sun GlassFish Enterprise Server (旧名称:Sun Java System Application Server)は、Java EE/PHP/AJAX/Rubyを使用したサービス指向アーキテクチャ(SOA)/リッチ・インターネット・アプリケーションの開発に最適なサポート・サービスです。

特徴

Java EE互換

  • Java EE 5を実装し、開発効率の改善を支援
  • Enterprise JavaBeans 3.0が必要とされていたコード量を、約30%-90%削減
  • 新しいPersistence APIによりJavaビジネス・オブジェクトのリレーショナル・データベースに対するマッピングの指定において最大限の柔軟性を確保
  • Java Server Faces 1.2がWebベース・アプリケーションのユーザ・インタフェース構築を簡素化
  • アノテーションの利用により、開発期間中に複数のファイルを編集/保持する必要がなくなり、開発の飛躍的な生産性向上を実現

高度な拡張性/可用性を実現するクラスタリング

  • 単一の管理コンソールからクラスタの構築と管理を行い、クラスタを単一のエンティティとして管理
  • アプリケーション・サーバのインスタンスを追加/削除し、動的にクラスタを拡大/縮小可能
  • ロード・バランス用プラグインを自動的にアップデート
  • ロード・バランス用プラグインがクラスタの状態を監視し、利用可能なインスタンス間で負荷を分散

画期的なパフォーマンス

  • GlassFishは、業界最先端のアプリケーション・サーバを凌駕する非常に高速なオープンソース・アプリケーション・サーバです。
  • またGlassFishは高度な拡張性を備えており、CoolThreadsテクノロジーを採用したSun Server製品をはじめとするマルチコア・サーバに最適化されています。
  • Fast Infosetのサポートにより、他の実装を凌駕しているSunのProject Metro JAX-WSにおいて2倍から4倍の規模でWebサービスのパフォーマンスを向上しています。

オープンソース

  • GlassFishは、CDDL/GPLv2によりデュアル・ライセンスされています (ClassPath Exceptionの例外条項付き)。
  • Sun GlassFish Enterprise Serverは、GlassFishの商用版です。

洗練された管理機能

  • 展開されたインスタンス/クラスタを集中管理可能
  • 同等の機能を備えたブラウザ・ベースの管理コンソール/スクリプト化可能なコマンドライン・インタフェースの両方を利用したリモートのセキュアな管理機能
  • 拡張されたアプリケーションの監視/可視化/検証機能
  • 内蔵された管理ルール/トリガーはプログラムで拡張可能

コスト効率の高い年更新サブスクリプション

  • SunのGlassFish商用版である Sun GlassFish Enterprise Serverは、コスト効率の高い年更新のサブスクリプションを提供しています:レベル別のサブスクリプションにはStandard/Premium があります。
  • サブスクリプションはオンラインで購入可能です。

プラットフォーム/サードパーティ製品サポート

  • 幅広いオペレーティングシステム/データベース/Webサーバ/ハードウェア・プラットフォームで稼動可能
  • Solarisシステム/SuSE Enterprise Linux 10で64bitモードをサポート

開発者の生産性向上

  • 簡素化されたJava SEのAPI/アノテーションによって、開発者が作成しなければならないコードの量を大幅に削減し、開発者の生産性を劇的に向上します。
  • Java EE 5 SDKは、AJAXや他のテクノロジーを利用したWeb2.0ベースのアプリケーション開発用として、 Sun GlassFish Enterprise Server/Blueprints/Samplesガイドラインが用意されています。
  • Apache DerbyデータベースをベースとするJava DBをバンドルしているので、即座に利用可能なエンド・ツー・エンドのJava EEアプリケーションの開発/展開が可能です。
  • オンデマンド初期化機能により起動スピードを最大30%高速化し、メモリ要件を最大30%削減することができます。
  • Java EE 5 SDKは、SOAコンポ―ネント開発/Webサービス・スタック管理/Federated Identity管理システム用のフレームワークの提供用として、Sun GlassFish Enterprise Server/Netbeans/Open ESBをバンドルしています。
  • GlassFish Update Centerでは、Open ESB/jMaki/jRubyをはじめとする新しいテクノロジーの他、付加的なサンプル/ドキュメントをいち早く入手可能です。

SOA基盤

  • SOAにおける統合テクノロジー/Webサービス間のコラボレーション用として、オープン/拡張可能なアーキテクチャを備えたランタイム環境を開発者に提供します。
  • 開発の前に積極的に問題を回避すると同時に、トレンドを確認しビジネスの拡充計画を立案するため、企業がWebサービスの評価指標を追跡可能になります。
  • Sun GlassFish Enterprise Serverでは、数多くのWebサービス・レジストリと接続/作業することが可能となり、webサービスのアクセス/SOAガバナンス両方の問題に対処できるようになります。

ツールの統合

  • NetBeans 6.xは、Webモジュール/EJB3.0モジュールを含むJava EE 5アプリケーションの開発をサポートし、Sun GlassFish Enterprise Serverへ実装します。
  • NetBeans 6.xの一部であるUML Modelingツールにより、要件の収集/コード生成/デザイン・パターンの使用が可能になります。
  • さらにNetBeans 6.xは、設計者/プログラマーにSOAビジュアル・デザイン・ツールを提供します。
  • XMLスキーマを可視化/編集し、またスキーマ要素間の関係を可視化します。
  • Author, build, deploy, and test BPELプロセスの書き出し/構築/実装/テストを行います。
  • GlassFishは、開発環境を選択可能にするEclipse IDEプラグインをサポートします。
製品カテゴリ システム基盤 アプリケーションサーバー
対象ユーザー SIer、xSP事業者、デベロッパー
ライセンス CDDL/GPLv2(デュアルライセンス)
価格 無償
サポート料金 年間サブスクリプション
Standardサブスクリプション:657,720円/4CPUソケット
Premiumサブスクリプション:986,580円/4CPUソケット
提供企業 サン・マイクロシステムズ
問い合わせ先 TEL:0120-33-9096
TEL(携帯から):03-5717-5033
Webフォーム:https://jp.sun.com/cgi-bin/contact/form.cgi?url=http://jp.sun.com/products/software/appsrvr/get_it.html
関連製品/サービス
資料

スクリーンショット