Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

FreeMindの情報と使い方

 議論やアイデアをまとめる方法として「マインドマップ」が近年注目を浴びています。「FreeMind」はこのようなマインドマップを作成するためのフリーのソフトウェアです。FreeMindは簡単にグラフィカルなマインドマップを作成できるほか、作成したマインドマップをPDFやPNG、HTMLといった形式で保存する機能も備えています。

マインドマップとは?

 マインドマップは、ある対象について、関連するキーワードや想起されるイメージを放射状に繋げながら描いていくことで分析/表現を行うものです。キーワードやイメージを繋げていく表現方法は人間の脳が物事を記憶/分析する方法に近いと言われており、物事の特徴を把握しやすく図示する方法であると言われています。

 マインドマップの基本的な作成ルールは非常に単純です。まず、分析/表現したい対象を中心に書き、そこから放射状に線を延ばしてその事柄に関連するキーワードや想起されるキーワードを書き込みます。続いて新たに書き込まれたキーワードに対し、同様に関連/するキーワード、想起されるキーワードを書き込んでいく、というステップを繰り返すことで、マインドマップは作成されます。

2rightarrow.png続きを読む...

FreeMindのインストール

 FreeMindはWindowsおよびMac OS X、Linuxで動作します。また、実行にはJava Runtime Environment(JRE)が必要です。JERはjava.comからダウンロードできますので、JREをインストールしていない場合はこちらから最新版のJREをダウンロードしてインストールしてください。

2rightarrow.png続きを読む...

FreeMindでマインドマップを作成する

 FreeMindの操作感はドローソフトに近く、子ノードを作成したいノードを選択して「Insert」キーで子ノードを作成する、という手順でマインドマップを作成していきます。ノードの色やフォント、アイコンなどは右クリックで表示されるショートカットメニューで設定できます。

2rightarrow.png続きを読む...