仮想的なフロッピーディスクドライブを作成する「Virtual Floppy Drive」

 国内主要メーカーの生産も終了し、もはや目にすることがほとんどなくなったフロッピーディスク。USBメモリに取って代わられ、ドライブを搭載しているPCも市販されなくなった。しかし、業務用ソフトウェアの世界では未だ必要となる場面がある。また、レガシーなハードウェアのドライバやファームウェアは、フロッピーディスクがないとインストールすら不可能なことも多い。そこで利用したいのが「Virtual Floppy Drive」である。

 Virtual Floppy Driveを利用すると、Windows上に仮想的なフロッピーディスクドライブを作成でき、まるで本物のドライブがあるかのように読み書きを行える。カーネルモードドライバとして動作するため、単にエクスプローラから開けるだけではなく、基本的にどんなソフトからも認識可能だ。対応しているメディアは一般的な3.5インチ1.44MBをはじめとした15種類。中には5インチ160KBのようなメディアもある。

 読み込めるフロッピーディスクイメージファイルの形式は「.bin」「.dat」「.fdd」「.flp」「.ima」「.img」「.vfd」の7種類で、実際のフロッピーディスクを取り込む機能はないが、「RawWrite」などで取り込んだファイルを自由に扱える。もちろんイメージファイルの新規作成も可能だ。イメージファイルはハードディスク上にあるので読み書きは速く、実際のフロッピーディスクのように待たされることはない。

 ひとたび取り込んでしまえば、メディアの破損やカビを恐れなくともよい。過去に作成した資産を活かしたい場合、あるいはブータブルUSBメモリを作るためにMS-DOS起動ディスクが必要といった場合にはぜひ利用したい(図1)。

図1 Virtual Floppy Driveは仮想フロッピーディスクドライブを作成できる
図1 Virtual Floppy Driveは仮想フロッピーディスクドライブを作成できる

Virtual Floppy Driveのインストール

 Virtual Floppy DriveはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。通常はWindowsのマークとともにDLと書かれたリンクをクリックしてアーカイブをダウンロードすればよい。64ビット版のWindows 7/Vistaで利用する場合は、下部の「最新ファイル(5件)」より64ビット用のドライバ「vfd-x64-critical0.zip」も併せてダウンロードしておこう(図2)。

図2 Virtual Floppy Driveをダウンロードするには「DL」と書かれたリンクをクリックする
図2 Virtual Floppy Driveをダウンロードするには「DL」と書かれたリンクをクリックする

 Virtual Floppy Driveはダウンロードしたアーカイブを解凍し、任意のフォルダに配置するだけで利用可能だ。64ビット版のWindowsで使う場合はドライバのアーカイブを解凍し、生成された「vfd.sys」をVirtual Floppy Driveがあるフォルダに上書きコピーしておく(図3)。

図3 通常は解凍するだけで利用可能だが、64ビット版の場合はドライバを上書きコピーしておく
図3 通常は解凍するだけで利用可能だが、64ビット版の場合はドライバを上書きコピーしておく

 Virtual Floppy Driveの64ビット用ドライバは未署名なので、そのままでは利用できない。署名を強制的に上書きしてから、Windowsをドライバ開発用の「テストモード」に切り替えて動作させる必要がある。署名の上書きとモードの切り替えは「Driver Signature Enforcement Overrider」(DSEO)というツールを使えば簡単だ。まずはDSEOのダウンロードページを開き、ページ下部の「Download」と書かれたリンクをクリックする。ライセンス確認ページが表示されるので「Agree」と書かれたリンクをクリックするとDSEOを入手できる(図4)。

図4 「Download」をクリックし、次のページで「Agree」をクリックするとDSEOをダウンロード可能だ
図4 「Download」をクリックし、次のページで「Agree」をクリックするとDSEOをダウンロード可能だ

 ユーザーアカウント制御(UAC)が有効な場合、DSEOは管理者権限で起動する必要がある。ダウンロードした「dseo13b.exe」を右クリックし、コンテキストメニューから「管理者として実行」を選択しよう(図5)。

図5 DSEOの実行ファイルはコンテキストメニューから「管理者として実行」を選んで起動する
図5 DSEOの実行ファイルはコンテキストメニューから「管理者として実行」を選んで起動する

 するとインストーラ風の解説画面が表示される。「Next」をクリックし、次に表示されるライセンス確認画面でも「Yes」をクリックするとDSEOが起動する。画面中央のラジオボタンから「Enable Test Mode」を選択し「Next」をクリックしよう。「Test Mode has been ENABLED」と表示されたらモードの切り替えは完了だ。続けて「Sign a System File」を選択してから「Next」をクリックする。

(*図6)。
図6 「Enable Test Mode」を選択して「Next」をクリック後、「Sign a System File」を選択「Next」をクリック
図6 「Enable Test Mode」を選択して「Next」をクリック後、「Sign a System File」を選択「Next」をクリック

 「Insert filename」という画面が表示されるので、64ビット用ドライバのフルパスを入力し「OK」をクリックしよう。その後PCを再起動するとテストモードが有効になり、64ビット環境でもVirtual Floppy Driveが使用可能になる。なお、テストモードはあくまでテスト用なので、Virtual Floppy Driveを使い終わったら、DSEOから「Disable Test Mode」を実行し、元に戻しておくとよいだろう(図7)。

図7 ドライバのフルパスを入力して「OK」をクリックし、PCを再起動すると64ビット版Windowsでirtual Floppy Driveを使える
図7 ドライバのフルパスを入力して「OK」をクリックし、PCを再起動すると64ビット版Windowsでirtual Floppy Driveを使える