多機能かつ手軽なPDF作成ツール「PDFCreator」 のインストールと使い方

 取引先に資料を提示するときなど、ビジネスの現場では書類をPDF形式で出力する機会が意外に多い。PDFファイルの作成ソフトとして有名なものに「Adobe Acrobat」があるが、比較的高価なソフトであり、手軽にすべてのPCに導入する、というのは難しい。そこで利用したいのが今回紹介するフリーのPDF作成ツール「PDFCreator」だ。

 PDFCreatorはWordやExcelなどのさまざまなソフトで編集したファイルをそのままPDF形式に変換できるツールだ。仮想プリンタとして動作するので、印刷機能のあるソフトで読み込める形式なら、どんなファイルでも種類を問わずに利用できる。

 同種のツールはほかにもあるが、PDFCreatorは非常に多機能なのが特徴である。PDFファイル内へのフォント埋め込みに対応しているほか、画像圧縮形式の指定が可能で、そのほかセキュリティ面でも編集の禁止や閲覧のパスワード制限、暗号の強度などを細かく設定できる。また、PDFだけではなくPNG/JPEG/BMP/PCX/TIFF/PS/EPS/TXT/PSD/PCL/RAW/SVGといった形式への変換機能もあり、画像として保存しておきたいとか文章だけ抜き出したいという場合にも便利だ(図1)。

図1 PDFCreatorはさまざまなファイルをPDFや画像ファイルに変換できる
図1 PDFCreatorはさまざまなファイルをPDFや画像ファイルに変換できる

PDFCreatorのインストール

 PDFCreatorはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。公開されているファイルはインストーラ、リリースノート、言語ファイルだけなので迷うことはないだろう。なお、PDFCreatorの一部のバージョンには日本語の言語ファイルが付属しているが、適用すると設定画面や各種メッセージなど多数の箇所が文字化けするため、最新のバージョンを英語で使うことをお勧めしたい。原稿執筆時点で最新のバージョンは0.9.9だ(図2)。

図2 「PDFCreator-<バージョン番号>_-setup.exe」が目的のインストーラだ
図2 「PDFCreator-<バージョン番号>_-setup.exe」が目的のインストーラだ

 インストーラは一般的なウィザード形式である。言語の選択で「English」を選択した後、指示に従って「Next」をクリックしていけばよい(図3、4)。

図3 言語の選択画面で「English」を選択する
図3 言語の選択画面で「English」を選択する
図4 ライセンス画面で「I accept the agreement」を選んでインストールを進める
図4 ライセンス画面で「I accept the agreement」を選んでインストールを進める

 インストールタイプ設定画面では標準的なインストールとサーバ形式でのインストールを選択できる。サーバ形式にすると仮想プリンタをネットワークプリンタとして、LAN内のマシンからPDF作成ができるようになるが、通常は必要ないだろう(図5)。

図5 「Standard installation」のまま「Next」をクリック
図5 「Standard installation」のまま「Next」をクリック

 インストールを進めると「PDFCreator Browser Add On」の解説画面が表示される。IEおよびFirefoxの検索機能付きツールバーで、表示しているWebページを1クリックでPDFに変換できるが、PDFCreatorの動作には必要ないので、次の画面の「PDFCreator Browser Add On for Internet Explorer and Firefox」でチェックを外しておこう。インストールが終了するとPDFCreatorがプリンタとしてWindowsに登録される(図6、7)。

図6 PDFCreator Browser Add OnはPDFへの変換、Yahoo!の検索、検索バーのデフォルトをYahoo!に変える機能がある
図6 PDFCreator Browser Add OnはPDFへの変換、Yahoo!の検索、検索バーのデフォルトをYahoo!に変える機能がある
図7 不要ならBrowser Add Onのチェックを外してインストールを終了させよう
図7 不要ならBrowser Add Onのチェックを外してインストールを終了させよう