暗号化通信により安全にファイルを転送できるFTPS/SFTP/FTPクライアント「FileZilla」 の使い方

 最近、FFFTPなどのFTPソフトからログイン情報を取得するマルウェアが話題になっている。しかし、FTPはもともとパスワードやファイルを暗号化せずに送受信するため、ほかのクライアントでも盗聴などにより情報を盗まれる可能性がある。そのため、SFTPやFTPSといったより強固なセキュリティを備えるプロトコルを利用することをおすすめしたい。今回紹介するのは、これらに対応する高機能FTP/FTPS/SFTPクライアント「FileZilla」だ。

 FTPの問題点として、通信が暗号化されていない点がある。そのため、近年ではパスワードやファイルを暗号化して送受信する「SFTP」の利用が増えてきた。だが一般的なFTPクライアントはSFTPに対応していない。今回紹介するFileZillaは、フリーソフトウェアで数少ないSFTP対応クライアントである。

 FileZillaはFTP、SFTP(Secure FTP)、FTPS(FTP over SSL/TLS)の3プロトコルに対応しており、また使いやすいインターフェイスで、暗号化通信による安全なファイル転送を快適に行える。多数のファイルを転送する時にも安定しており転送速度も極めて速い。

 マルチプラットフォームなのも特徴の1つだ。本記事ではWindows版の使い方を解説するが、Linux/各種UNIX版やMac OS版でも基本的な操作は変わらないため、覚えておけば違和感なく使いこなせるだろう(図1)。なお、SFTPやFTPS以外の安全なファイル転送プロトコルとして「SCP」(SeCure CoPy)が使われる場合もあるが、こちらは「WinSCP」を利用して転送すればよい。操作方法は過去の記事を参照されたい。

図1 マルチプラットフォームのFTP/SFTPクライアント「FileZilla」
図1 マルチプラットフォームのFTP/SFTPクライアント「FileZilla」

FileZillaのインストール

 FileZillaはOSDNのダウンロードページから入手できる。Windows版のバイナリは.zip形式と.exe形式の2種類が用意されているが、通常は.exe形式のインストーラをダウンロードすればよい(図2)。

図2 「FileZilla_<バージョン番号>_win32-setup」が目的のインストーラ版だ
図2 「FileZilla_<バージョン番号>_win32-setup」が目的のインストーラ版だ

 インストーラは一般的なウィザード形式なので、指示に従って「Next」をクリックしていくだけで完了する。デフォルトではシェル拡張が有効になっている半面デスクトップにショートカットアイコンが作成されないため、必要があればチェックしておこう(図3)。

図3 デスクトップにショートカットが必要な場合は「Desktop Icon」にチェックを入れよう
図3 デスクトップにショートカットが必要な場合は「Desktop Icon」にチェックを入れよう

 インストール終了後にバージョンが自動でチェックされ、最新版でない場合はアップデートを実行できる(図4、5)。

図4 インストールが終わるとこのようなダイアログが表示される。「了解」をクリック
図4 インストールが終わるとこのようなダイアログが表示される。「了解」をクリック
図5 バージョンのチェックが行われる。新しいバージョンがある場合はアップデート可能だ
図5 バージョンのチェックが行われる。新しいバージョンがある場合はアップデート可能だ