完成度の高い日本語環境を提供する「Plamo Linux 4.7」レビュー

 今回紹介するPlamo Linuxは、こじまみつひろ氏を中心に開発されている国産ディストリビューションだ。「Plamo」の名前の由来は、もちろんプラモデルである。その名前が示すように、「完成品」ではなく、ホビー感覚で組み上げていく楽しみを味合わせてくれるディストリビューションの1つである。

 Plamo Linuxはもっとも歴史が長いLinuxディストリビューションの1つである、Slackwareをベースにしている。最新版は2009年10月1日にリリースされたPlamo 4.7である。Plamo Linuxに「保守的」なイメージを持っている人もいるかもしれないが、Linuxカーネルは2.6.30.7を、GCCは4.3.4を採用。デスクトップ環境は、KDE 4.3.1、GNOME 2.26、Xfce 4.6.1が、オフィスソフトとしてはOpenOffice.org 3.1.1が用意されているなど、ほかのディストリビューションと比較してもひけを取らない、最新に近い環境が構築できる。

インストールにはCUIインストーラを使用

 Plamo 4.7のインストールメディアは、5枚のCDイメージ、もしくは1枚のDVDイメージとして提供されている。CD版の起動イメージ(1枚目のCD)はgrub版とisolinux版の2種類が用意されている。なおDVD版はgrub版のみだ。

 インストーラはSlackwareのインストーラをカスタマイズしたもので、操作はキャラクタベースだが、パーティションの作成さえ注意すれば、後はそれほど難しくはない。インストールメディアで起動すると、インストール用のシステムが立ち上がる(図1)。

図1 インストール用システムの起動
図1 インストール用システムの起動

 ここでroot(パスワードなし)でログインし、setupコマンドを実行するとインストーラ(セットアップメニュー)が起動する(図2)。

図2 Plamoのセットアップメニュー
図2 Plamoのセットアップメニュー

 まずは、「KEYMAP」でキーボード配列を設定する(図3)。デフォルトでは「日本語キーボード」が選択されている。また、日本語キーボードのカスタマイズとして定番のCtrlキーとCapsLockキーの入れ替えに最初から対応しているのは、日本のユーザーにとってありがたい配慮だ。

図3 キーマップの設定
図3 キーマップの設定

 パーティションの作成はcfdiskもしくはfdiskで行う(図4)。少なくもルート(「/」)パーティションとスワップパーティションの2つを用意する必要がある。

図4 cfdiskによるパーティションの設定
図4 cfdiskによるパーティションの設定

 ファイルシステムのタイプは「ext4」および「ext3」、「ext2」、「reiserfs」から選択可能だ(図5)。

図5 ファイルシステムの選択
図5 ファイルシステムの選択

 「インストールするカテゴリの選択」では、インストールするソフトウェアのカテゴリを選択する(図6)。デスクトップ環境やOpenOffice.orgを利用する場合はここで選択する。なお、デスクトップ環境は「xfce」および「kde」、「gnome」を選択できるが、ディスクに余裕があればすべてをインストールすることもできる。

図6 カテゴリの選択
図6 カテゴリの選択

 ブートローダはGRUBもしくはLILOを選択できる(図7)。

図7 ブートローダの選択
図7 ブートローダの選択