フリーのWindows用Xサーバー「Xming」のインストールと基本設定、使い方

 今回紹介するXmingは、フリーのWindows用Xサーバーである。UNIX系OSを利用しているユーザーなら、一度は離れた場所にあるマシンにネットワーク経由でログインした経験があるだろう。このような場合にXmingを利用すれば、ネットワーク経由でGUIアプリケーションを起動・操作することが可能になる。

 UNIX/Linuxにおいては、X Window System(以下、X)を使用してGUIを実現していることが多い。Xでは画面表示を行うアプリケーション(Xサーバー)と、GUIを備えた個々のアプリケーション(Xクライアント)が分離されており、Xクライアントが描画命令をXサーバーに送信し、Xサーバーがそれを実際に描画するというクライアント/サーバー構成が取られている。このときXサーバーとXクライアントは同一のマシン上で動作している必要はなく、たとえば遠隔地にあるUNIX/Linuxマシン上でXクライアント(=アプリケーション)を動作させ、その結果を手元にあるWindowsマシン上で動作するXサーバーで表示させる、といったことが可能だ。

 前置きが長くなってしまったが、今回紹介するXmingはオープンソースのWindow用Xサーバーだ(図1)。Windowsで動作するXサーバーにはさまざまなものがあるが、Xmingはオープンソースであり無償で利用できるというのが特徴だ。なお、Windows向けのUNIX互換環境であるCygwinでもXサーバーは用意されている。Cygwinを利用しているユーザーはそちらも検討するとよいだろう。

図1 リモートで実行しているgnome-terminalをXmingサーバーで表示
図1 リモートで実行しているgnome-terminalをXmingサーバーで表示

Xmingのインストール

 XmingはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。通常はXming-6-9-0-31-setup.exeをダウンロードすればよい(図2)。

図2 「Xming-6-9-0-31-setup.exe」をダウンロードする
図2 「Xming-6-9-0-31-setup.exe」をダウンロードする

 ダウンロード完了後、ファイルをそのまま実行するとインストーラが立ち上がる(図3)。インストールは、基本的には「Next」を選んでいくだけでよい。

図3 Xmingのインストーラ
図3 Xmingのインストーラ

 インストールコンポーネントの選択では、Puttyをインストールするかどうかを選べるが、通常はデフォルト設定のままでよい(図4)。もし、あらかじめPuTTYをインストール・設定してある場合は、「Don't install an SSH client」を選択しよう。

図4 インストールコンポーネントの選択画面
図4 インストールコンポーネントの選択画面

 また、デスクトップおよびクイック起動にXmingアイコンを追加する設定画面では、「Xming」および「XLaunch」について、アイコンの追加の有無を選択できる(図5)。「Xming」はその名の通りXmingを起動するアイコンで、「XLaunch」はXmingを起動したうえで、SSH経由で最初のウィンドウ(ターミナル)を立ち上げるという作業を行うアイコンだ。

図5 アイコンの追加設定画面
図5 アイコンの追加設定画面

 インストールが完了すると、その旨とともに「Launch Xming」というチェックボックスが表示される(図6)。

図6 インストールが完了するとこの画面が表示される
図6 インストールが完了するとこの画面が表示される