「オープンソース」の二つの意味

最近、「オープンソース」という言葉の意味を巡る論争が再燃したようだ。混乱が生じるのは、「オープンソース」という概念自体に、性格の異なる二つの要素が詰め込まれているからではないだろうか。

法的状態としてのオープンソース

ソフトウェア開発の文脈における「オープンソース」という言葉は、あるガイドライン(「オープンソースの定義」)を満たしたライセンスの下で公開されているソフトウェア、という意味である。先行した「フリーソフトウェア」という概念の言い換えとして生まれたものだ。これを、「法的状態としてのオープンソース」と呼ぶことにしよう。

「オープンソースの定義」が試みているのは、ソフトウェアの第三者による利用、特に改変や配布に関して著作権者が課す条件に対し、一定の基準を設けるということである。これにより、法的状態としてのオープンソースが保証されているソフトウェアであれば、個別にはどのようなライセンスが適用されていても、大筋では同等の自由度を持った利用法が認められる。ゆえに、著作権者の顔色を窺わなくとも、誰でも安心して自由に利用できるようになる。これは不特定多数によるソフトウェアの円滑な開発には大変資するもので、開発者や配布者といったソフトウェアの本格的な利用者にとっては非常に重要なことだ。近年では、ソフトウェア以外のコンテンツ一般の文脈においても、このコンセプトが応用されるようになってきた。その一例が、クリエイティヴ・コモンズである。

開発形態としてのオープンソース

しかし、今も昔も多くの人々が「オープンソース」と言われて思い浮かべるのは、エリック・S・レイモンドが書いた「伽藍とバザール」であり、LinuxカーネルやMozilla開発の成功譚であろう。そこで語られるのは、情報が公開されていれば、世界中の人々が自発的に協力することにより、優れたソフトウェアが生み出されるとか、あるいは「何か知的資産が生まれそうな萌芽がネット上に公開されると、そうしたことに強い情熱を持った『志向性の共同体』が自然発生して、そこに『集合知(ウィズダム・オブ・クラウズ)』が働き、有志がオープンに協力してある素晴らしい達成をなし遂げる」というような、麗しきストーリーである。すなわち、ここで語られるオープンソースとは、不特定多数を巻き込んで(ソフトウェア)開発を進めていくという方法論、いわゆる「バザール型」開発モデルのことだと言える。こちらを、「開発形態としてのオープンソース」と呼ぶことにしよう。

事情によく通じた人は、前者こそが正しいオープンソース理解で、後者は誤解だと考えることが多い。後者は前者の一帰結に過ぎないからである。それは決して間違いではない。間違いではないが、しかし一方で、今となっては「正しい」とも言い切れないのではないか、と個人的には思う。