Webベースの日本語GUIを備えた完成度の高いNAS用OS「FreeNAS」

 ネットワークに直接接続して使用するファイルサーバである「NAS(Network Attached Storage)」が、最近急速に普及してきている。企業などはもちろん、一般家庭においても日々増え続ける音楽ファイルやデジカメの写真の管理と、その活躍の場は広がっている。このNASを手軽に構築できるシステムが「FreeNAS」だ。

 FreeNASはFreeBSDをベースとする、NASに特化したOSである。もちろん、一般的なLinuxやFreeBSDにSambaやNFSといったファイルサーバーをインストールしても同様に使用できるが、設定にはある程度のスキルが必要であり、パフォーマンスを上げるためには不要なデーモンを切るなど、面倒な作業が必要になる。最近では安価なNAS専用マシンが人気ではあるが、それほど柔軟な設定ができないものが多い。それに対して、FreeNASの場合にはいったん起動させてしまえば、専用のWebベース管理ツール「WebGUI」によりUNIX系OSの経験がなくても、簡単にハイレベルなNAS環境を構築できる(図1)。

 FreeNASの最新版はFreeBSD 6.4をベースに開発されたバージョン0.69.1(2009年4月20日にリリース)である。前のバージョンからSambaは3.0.34、ProFTPDは1.32に更新されている。128MB以上のメモリで動作するので、古いマシンの活用法としても有効だろう。

図1 FreeNASのWebGUI
図1 FreeNASのWebGUI