PCトラブル発生時の心強い味方「SystemRescueCd」

 今回はちょっと毛色の変わったLinuxディストリビューションとして、データ救出のアーミーナイフとも評される SystemRescueCd を紹介しよう。SystemRescueCdは、クラッシュ時のデータの復旧、ディスク・パーティションの管理やバックアップ、システムメモリのテストといったシステムレスキュー用途に特化した、Gentoo LinuxをベースにしたLinuxディストリビューションだ。ext2/ext3/ext4、ReiserFS、Reiser4、btrfs、XFS、JFS、VFAT、NTFS、ISO9660といった主要なファイルシステムに対応し、ライブCDとして提供されている。USBメモリーにインストールすることも可能なので、ネットブックなど光学ドライブを持たないシステムでも利用できる。

 本稿執筆時点でIntelのx86用の最新版は、2009年3月1日にリリースされたバージョン1.1.6である。なお、多少バージョンは古いが、PowerPC用にバージョン0.2.0、SPARC用にバージョン0.4.0も提供されている

SystemRescueCdの起動

 SystemRescueCdには日本語環境は用意されていないが、日本語キーボードは使用可能だ。CD-Rなどに焼いたSystemRescueCdを起動すると、図1のようにキーボードタイプ(キーマップ)を指定するためのプロンプトが表示される。日本語キーボードの場合には「22」を指定すればよい。なお、何も入力せずに20秒が経過するとデフォルトの英語キーボードが選ばれる。

SystemRescue1_thumb.png
図1:キーボードタイプの選択

 システムの初期化が終了すると、コンソール画面で自動的にrootとしてログインした状態となる。デフォルトのログインシェルはLinuxにしては珍しくzshが採用されている。

SystemRescue2_thumb.png
図2:コンソール画面

X Window Systemを起動するには

 SystemResqueCdに収録されている主なツールは、コンソールで実行するタイプがほとんどだ。そのためコンソールのままでも使えるが、中にはGParted(パーティション管理ツール)のようなGUIツールもあるので、X Window Systemの起動方法を説明しておこう。Xを起動するにはstartxコマンドを実行すればよいが、うまく起動しない場合もある。そういうときはwizardコマンドを実行し、起動オプションを選択するとよい(図3)。

SystemRescue3_thumb.png
図3:Xの起動オプションの選択

 startxでうまくXが起動しない場合でも、vesaドライバ(vesa互換ビデオカード用の汎用ドライバ)を使う「Xvesa-run」(もしくは「Xvesa-cfg」)なら、Xが起動するだろう。

 Xが起動すると、ウインドウマネージャにWindow Makerを使用したシンプルなデスクトップが表示される(図4)。

SystemRescue4_thumb.png
図4:Window Makerによるデスクトップ画面