WindowsでのGit環境構築とその注意点

 もともとはLinuxカーネル用のバージョン管理システムとして開発されたこともあって、GitのWindowsサポートは若干遅れている。特に日本語環境で利用する場合は設定などに注意が必要だ。そこで本記事では、Windows環境でGitを利用する方法およびその設定方法、そしてGUIでGitの機能を利用できるツールについても紹介する。

Windows環境向けのGitバイナリを選ぶ

 Gitは標準ではWindows環境をサポートしていない。Gitのコア部分はCで記述されているものの、周辺ツールやサーバー機能の実現にはPerlやシェルスクリプトを利用しているからだ。そのため、Windows環境でGitを利用するには、これらを含めた環境構築が必要となる。現在、Windows上でGitおよびその周辺環境をまとめてインストールできるものとして、msysgitCygwinがある。

 msysgitは、Windows向けにGCCや開発に必要なUNIXツールを提供するMinGW/MSysをベースに作成されたGit環境だ。必要な環境を一発で構築できるインストーラが用意されており、これを利用することでGitのほか、bashやPerlなど、Gitを利用するために必要なツールを簡単にインストールできる。ただし、GitとSubversionの連携を行うgit-svnや、Webブラウザでリポジトリを閲覧できるgit-instawebなどは付属していない。

 いっぽう、CygwinはWindows向けにUNIX互換環境を提供するもので、インストーラで「git」を選択することでPerlやbashなどの必要なツール一式がインストールされる。とりあえずGitを使いたいならmsysgitを、Cygwinをすでに利用している、もしくはgit-svnやgit-instawebを使いたいならCygwinと、使い方にあわせてどちらを利用するか選択すると良いだろう。もちろん、両方を共存させることも可能だ。