Windows用定番SSHクライアント「Tera Term」の使い方

 Linuxでは、リモート操作にSSHを用いるのが一般的だ。そのためたいていのLinuxディストリビューションではsshコマンドが標準でインストールされる。一方、WindowsにはSSHクライアントは含まれていないが、Windows用のSSHクライアントはフリー/商用を含めていくつか提供されているので、それらを導入すればSSH経由でWindowsからLinuxマシンを操作することが可能になる。そこでここでは、Windows用SSHクライアントで定番の1つとなっているTera Term(テラターム)を取り上げ、その利用方法を紹介する。Tera Termには、Cygwin(Windows上で動作するUNIX互換環境)との連係機能も備わっているので、WindowsをLinux/UNIXライクに利用したいユーザーにはお勧めである。

Tera Termの歴史

 Tera TermはもともとTelnet接続とシリアル接続に対応するWindows用ターミナルエミュレータとして、寺西 高氏によって開発された(当時の名称はTera Term Pro)。その後、SSHクライアント機能を追加するTTSSHを始めさまざまな拡張ツール(プラグイン)が作成されてきたが、それらが別々に配布されていたためセットアップが面倒という問題があった。また、オリジナルのTera Termの開発は1998年にストップしているが、その後標準ロケールとしてUTF-8を採用するLinuxディストリビューションが増えてきたこともあり、Tera Term本体に手を加える必要も出てきた。

 そこで、Tera Termに改良を加えつつ、便利な拡張ツールをまとめて本体と一緒に配布するためにTeraTerm Projectが作られ、本体および拡張ツールの開発が続けられることになった。現在のTera Termのパッケージに含まれる主なコンポーネントは以下のとおりであり、一部を除いてBSDライセンスが適用されている。

  • Tera Term:本体
  • TTSSH:SSH1/SSH2対応クライアントプラグイン
  • CygTerm+:CygwinのシェルをTera Termから利用するためのプラグイン
  • TTProxy:プロキシ接続プラグイン
  • TeraTerm Menu:自動ログインをサポートする常駐ソフト
  • LogMeTT:マクロによる自動操縦支援ソフト
  • Collector:アプリケーションをタブ対応にする常駐ソフト

Tera Termのダウンロードとインストール

 Tera TermのパッケージはSourceForge.JPのTera Termのダウンロードページからダウンロードできる。2009年2月2日の時点では、バージョン4.61が最新版だ。パッケージファイル名の「teraterm-4.61.exe」をクリックしてダウンロードしていただきたい。なお、Tera Termはバージョン4.58まで「UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2」というパッケージ名でリリースされていた。

 ダウンロードが完了したら、パッケージをクリック(もしくはダブルクリック)して実行する。するとインストールウィザードが起動するので、ウィザードの指示に従ってインストールする。なお、途中でインストールモードを聞かれるが(図1)、モードによってインストールされるコンポーネントが異なるので注意されたい。以下はインストールモードとコンポーネントの対応関係である。今回はフルインストールを選択した。

  • 標準インストール:本体、TTSSH、CygTerm+、LogMeTT & TTLEdit、TTProxy、追加プラグイン(TTXResizeMenu、TTXttyrec)
  • フルインストール:本体、TTSSH、CygTerm+、LogMeTT & TTLEdit、TeraTerm Menu、TTProxy、Collector、追加プラグイン(TTXResizeMenu、TTXttyrec、TTXKanjiMenu、TTXKcodeChange、TTXViewMode、TTXAlwaysOnTop)
  • コンパクトインストール:本体、TTSSH
  • カスタムインストール:本体、TTSSH、個別選択

 最後に追加タスクの選択画面が表示されるが、選択したインストールモードに合わせて表示されるオプションも変わる(図2)。たとえば、標準インストールを選択した場合はインストールされないプラグインの項目(「スタートアップにTeraTerm Menuのショートカットを作る」など)は表示されない。追加タスクは、必要に応じてチェックしていただきたい。

z01_select_component_thm.png
図1 コンポーネントの選択

z02_select_task_thm.png
図2 追加タスクの選択