aiSeeはレイアウトが複雑なグラフの作成に役立つ

 堅牢なグラフ作成ソフトウェアが必要なら、aiSeeを検討してみるとよいだろう。aiSeeはクロスプラットフォームのグラフパッケージで、ネストしたグラフをサポートし、多くのビットマップ形式とベクトル形式にエクスポートし、百万ものノードを持つグラフを処理する。aiSeeは独自のライセンスの下で、非商業的な用途に無料で使用できる。

 aiSeeをダウンロードすると、オプションでカスタマ情報フォームへの記入を求められる。現在の安定リリース2.2.27または次のバージョン3のベータリリースをダウンロードできる。筆者は手始めにバージョン2.2.27をFedora 8のマシンにインストールした。およそ2MBのaiSeeアーカイブをダウンロードしたら、それを展開してセットアップスクリプトを実行することでインストールできる。このスクリプトはユーザが選択したパスのサブディレクトリにすべてのものをコピーする。筆者はaiSeeを構成するすべてのものが単一のディレクトリに置かれるように/usr/local/aiSeeにインストールを行った。このようにしてaiSeeを使用するためには、PATHに/usr/local/aiSee/binを登録するか、aiseeバイナリへのソフトリンクを作成する必要がある。

$ cp /.../aiSee_linux.tgz `pwd`
$ tar xzvf aiSee_linux.tgz
$ cd aiSee
$ ./setup
...
Please specify the installation directory for aiSee.

This script will install aiSee in a hierarchy below that directory.
For example, if you specify [/usr/local], the executable files will
be installed in /usr/local/bin and the samples, icons, fonts, and
documentation files will be installed in the directories
/usr/local/share/aiSee/samples, /usr/local/share/aiSee/icons
/usr/local/share/aiSee/fonts, and /usr/local/share/aiSee/help.

Where should aiSee be installed ? [/usr/local] /usr/local/aiSee
...
$ sudo ln -s /usr/local/aiSee/bin/aisee /usr/local/bin/

 aiSeeを実行して最初に目についたのは、美的な面とアプリケーションのカスタムユーザインタフェースデザインである。aiSeeのデフォルトインタフェースは白地に黒で、これは明るいLCD画面ではすぐに時代遅れになる。最初のウィンドウの上部にはメニューバーがなく、アプリケーションとの対話はコンテキストメニューとホットキーで行うようになっている。コンテキストメニューによる対話はカスタムアプリケーションではうまくいくかもしれないが、aiSeeはコンテキスト情報を生かせないことがある。たとえば、ノードを右クリックすると、コンテキストメニュー「Center Node...」のトップレベルにメニューエントリが表示され、それによって起動されるダイアログで表示をセンタリングするノードを選択できる。コンテキストメニューが起動されたので、右クリックしたノード上でグラフをセンタリングできると思うかもしれないが、それはメニューオプションではないし、中央ノードで起動されるダイアログが右クリックしたノードに設定されることもない。

 このインタフェースには他にも難点がある。ファイルを開こうとしたときに、マウスホイールの回転で最初のリストダイアログをスクロールできないことに気がついた。また、ホットキーは単一のキーであり、Alt+キーではない。OKボタンまたはCancelボタンをクリックする代わりにウィンドウを閉じるコントロールをクリックしてレイアウトプロパティウィンドウを終了したら、aiSeeがクラッシュした。これはカスタムダイアログ処理に関連するバグだろう。

 とはいえ、ある程度慣れてしまえば、aiSeeのカスタムキーと対話スタイルはかなり効果的だと言えるだろう。たとえば、aiSeeでmキーを押すとエンターグラフが表示されるが、これはコンテキストメニューからView/Maximum Aspectを選択するのに等しい。なお、GIMPでは同じ機能がShift-Ctrl-E Fit Image in Windowとなる。グラフをレイアウトするには、Iキーを押し、右クリックしてグラフ全体を新しいレイアウトのターゲットとして選択する。

 aiSeeに付属しているGDL(Graph Description Language)ファイルには50個ほどのグラフ例が収められているので、どんなことが可能で、どうやって実現するのかがわかる。GDLファイル形式は習得しやすく、ASCIIファイルでグラフを記述できるようになっている。aiSeeではグラフをインタフェースから手動で作成することはできず、GDLファイルで表現しなければならない。