優れたベクターグラフィックス描画ツールsK1

 その名前からはピンと来ないかもしれないが、 sK1 は優れたベクターグラフィックス描画プログラムである。同じカテゴリのより有名なツールとしては、Inkscape、Dia、OpenOffice.org Drawなどがあるが、sK1にはCorelDrawのCDRファイルを読み込み、Linuxで使用可能なフォーマットに変換するという、他のLinuxアプリケーションにはない機能が存在する。

 sK1という名称は、10年ほど前に登場したフリーのベクターグラフィックスエディタSketchに由来する。Sketchはその後、Skencilと改名されたが、2005年6月のバージョン0.6.17以降、GTK+へのポーティングに着手したところで、開発に行き詰まったようだ(最終的には停止した)。2003年ごろ、ウクライナのプログラマらがSkencilのソースコードに手を加え、そこから派生したのがsK1である。その目的は、CMYKカラーモデル、PostScriptPDF形式といった、プロ向けプリンタの要件を完全にサポートすることであった。

 sK1の最新版はバージョン0.9.0であり、その改訂版が頻繁にリリースされている。パッケージは、さまざまなディストリビューションのサイトで、ソースコードで提供されている。同プログラムはGNU LGPL(Lesser General Public License、劣等一般公衆利用許諾書)の下、リリースされている。

CMYKとは?
 モニター画面では、RGB体系によって色を再現する。つまり、各ピクセルは、赤、緑、青の光を投影することにより再現される。一方、印刷プレス機では、ハーフトーニングまたはスクリーニングと呼ばれるプロセスにおいて4色のインク(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)を用いて、色を再現する。実際には色の異なる小さなドットが、単一の色として人間の目に見えるように互いに近接して印刷される。ハーフトーニングを行わなければ、プリンタで再現できる色の種類はかなり限定されてしまう。

 プロの印刷作業向けに正確な色を再現しなければならないならば、これら2つの色モデルを理解し、プリンタに対して適切なコマンドを生成することのできる描画プログラムを使用する必要がある。Scribusなど、CMYKをサポートするプログラムもあるが、GIMPなどはCMYKをサポートしていない。

インストール

sK1は、Tcl/Tkパッケージを用いてPythonで記述されている。sK1をインストールする前にまず、以下のパッケージがインストールされているかどうかを確認する。

  • tcl 8.5
  • tk 8.5
  • python-imaging
  • python-liblcms
  • zenity

 次に、自分が使用するディストリビューション向けのパッケージをダウンロードし、インストールする。ただしそのコードは、最新版ではないかもしれない。最新版を試用したい場合は(ただし最新版は安定していないかもしれないことに注意すること)、Subversionクライアントを用いて、sK1プロジェクトのダウンロードページに指定されたリポジトリに接続し、ダウンロードする。パッケージをビルドするには、「python setup.py build」に続いて、「python setup.py install」を実行する。最も簡単な方法は、まず旧版のパッケージをインストールしてから、Subversionのソースコードをビルドすることである。そうすれば、sK1のビルドに必要なものがすべて確実に揃っていることになるからだ。