WindowsでSubversionを使う:TortoiseSVNでバージョン管理

 Windows環境でSubversionによるバージョン管理を行いたい場合に便利なのが、GUIでリポジトリにアクセスできるTortoiseSVNだ。本記事では、TortoiseSVNの導入から基本的な使用方法までを解説する。

図1
図1 TortoiseSVN

TortoiseSVNをインストールする

 TortoiseSVN(本家)は、Windows 2000/XP/Vistaで動作するSubversionクライアントである。エクスプローラーの拡張機能としてインストールされ、エクスプローラーからGUIでファイルのチェックアウトやコミット、アップデートといった作業を行えるのが特徴だ(図1)。

 TortoiseSVNはSourceForge.JPのダウンロードページからダウンロードできる。32bit版と64bit版のバイナリインストーラが用意されているほか、UIを日本語を含む各種言語に対応させるLanguage packsも用意されている。

 インストーラでは特に設定すべき項目はないので、すべてデフォルトのままでインストール作業を進めよう(図23)。インストールの完了後、Windowsを再起動するとエクスプローラーからTortoiseSVNを利用できるようになる。

 また、UIを日本語化したい場合は続けてJapanese Language packをインストールする。Japansese Language packのインストールが完了したら、エクスプローラーのショートカットメニューから「TortoiseSVN」-「Settings」を選択してTortoiseSVNの設定画面を開き、「Language」で「日本語」を選択して「OK」をクリックすれば、UIが日本語化される(図45)。

図2 図3
図2 TortoiseSVNのインストーラ。本記事では、「TortoiseSVN 1.4.2.13595(32bit版)」を使用している 図3 インストールするコンポーネントを選択できるが、デフォルトのままで問題ない

図4 図5
図4 TortoiseSVNおよびJapanse Language packのインストール後、適当なフォルダ上で右クリックし、ショートカットメニューから「TortoiseSVN」-「Settings」をクリックして設定画面を開く 図5 「一般」項目の「言語」で「日本語」を選択すると、UIが日本語化される