GISソフトウェアとしての地位を確立したQGIS

 先月GPLの下でリリースされたフリーの地理情報システム(GIS:Geographic Information System)、Quantum GIS 0.11.0は、Linuxを含む複数のプラットフォームで動作する。Quantum GIS(QGIS)では、一般的なGISファイル形式の読み取り、編集、エクスポートが行える。インストールして公式データリポジトリから入手した既存のデータレイヤを利用したあと、一般的な空間分析のタスクを実行したり、商用のGIS製品とのファイルやデータの共有を試してみた。その結果、QGISの実力はESRIやIntergraph/Geomediaによるプロプライエタリな商用GISプログラムに匹敵することがわかった。

 今回の目的は、私のところのような小さなエンジニアリング企画事務所においてQGISが商用GISソフトウェアの補完または代替品としてどの程度使えるかを評価することだった。GISソフトウェアは分析ツールとしても地図作成ツールとしても欠かせないが、非常に高価だ。とてもではないが、事務所にいるプランナー全員にGISソフトウェアのライセンスを揃える経済的余裕はない。近年、利用頻度の高いプロプライエタリソフトウェアの代替品となりうる無料または安価なFOSSソフトウェアがかなり注目を集めている。FOSSであるQGISにかかるコストは、たとえ有償サポートを受けたとしても、同等のプロプライエタリ製品に比べると著しく低い。

QGISのビルド

 QGISのダウンロードページには、CentOS 5、Gentoo、Ubuntu GutsyおよびHardy、Fedora 8および9、openSUSE 10.3および11用の各バイナリの一覧が用意されている。もちろん、ソースコードもダウンロードできる。Slackwareユーザの私はこちらをダウンロードした。

 入手は簡単なQGISだが、ビルドはそうはいかない。事実、QGISはこれまで私がビルドしたなかでは最も複雑なソフトウェアだった。その大きな理由は、QGIS本体のコンパイル前にビルドが必要な依存関係モジュールの多さにある。オプションのパッケージといえども、実際には必要なものと思っておいたほうがよい。それらがないと、有力なQGISプラグインは動作しないからだ。また、UbuntuやopenSUSEにあるような自動でパッケージを処理してくれる機能を利用している場合も、念のためにパッケージ管理システムによってすべてのインストールが正しく行われたことを確認すべきだろう。ビルドをさらに困難にしているのは、ソースコードに付属するLinux向けのビルド手順がUbuntuにしか対応していないことだ。もっと広い範囲をカバーした手順になっているとありがたい。

 依存関係にある大半のパッケージは、src2pkgと、Slackbuilds.orgにあるslackbuildスクリプトを使ってビルドした。Slacky.euからも、必要なパッケージのほぼすべてがバイナリやslackbuildスクリプト付きのソースコードとして入手できる。ただし、それらのバイナリを手に入れても、解決されない依存関係が残るため、依存関係のあるモジュール群を注意して適切な順序でビルドする必要がある。

 こうした準備作業がすべて完了したら、いよいよQGISのビルドとインストールに入る。現時点でSlacky.euから入手できるのは、QGIS 0.10.0(1つ前のバージョン)のバイナリとslackbuildスクリプト付きのソースコードである。今回は、ダウンロードしたslackbuildスクリプトのバージョン番号を修正することで、最新版であるQGIS 0.11.0のビルドを行った。ビルドしたパッケージのインストールと動作確認は何の問題もなく済んだ。