AppChecker――Linux Foundationからリリースされた新世代の開発支援ツール

 Linux関連の開発作業で最も負担と感じるものは何かという質問を独立系ソフトウェアベンダ(ISV)に対して行った場合、その返答としては、SUSEだのRed HatだのUbuntuだの様々なディストリビューションの対応製品を際限なく準備しなくてはならない点だという不満が返ってくるだろう。この種の不満はISVに限らずLinux関連のプログラマであればおそらく誰でも感じているはずのものだが、そうした負担を大幅に軽減してくれるのが、Linux Foundationから先日ベータ版がリリースされたばかりのLinux Application Checker(AppChecker)という新機軸のプログラムなのだ。

 AppCheckerはオープンソース型Linuxプログラムとして提供されており、現状ではベータ3をダウンロードすることができる。インストール後の本プログラムを実行して表示されるのはWebページ形式のLSB Database Navigatorであるが、ここでユーザが行うべきはApplication Checkというリンクのクリックであり、これによりWebフォームを用いた入力インタフェースが提示されるので、このフォームにてレポートの名称をNameフィールドに、アプリケーションのファイルパスをComponentsフィールドに入力すればいい。次に行うのはアプリケーションを構成する個々のファイル、ディレクトリ、インストールしたRPMパッケージ(pkg:で始まるもの)の指定だが、ここで入力すべき項目にはRPMだけでなく.debパッケージのファイルおよびtar.gzやtar.bz2形式のアーカイブ群も該当する。こうした情報の管理を開始させるにはSelect Application Componentsボタンをクリックし、個々の項目を該当するフィールドに入力しなくてはならない。その後テストの対象とするLSB ProfileおよびLSB Versionを選択する。

 以降の処理は基本的にAppChecker任せにしておけばよく、アーカイブ群の展開も含めて、テストに関係する操作はすべて自動実行してくれる。本プログラムにてチェック対象とされるのは、ELF(Executable and Linking Formatと呼ばれるバイナリファイル)、Perl、Python、シェルスクリプトとなっている。これだけの機能であれば、各種プログラムチェッカの先達であり充実した完成度に達したlintとさして変わらないが、AppCheckerがその本領を発揮するのは次のステップで行われる処理であり、これこそがLinuxソフトウェア開発者が着目すべき機能なのである。

 つまりユーザの開発したプログラムについてAppCheckerが実施するチェックは、Linux Standard Base(LSB)の各種バージョンに関するものだけではなく、LSB Databaseに登録されたすべてのLinuxディストリビューションに対しても実行されるのだ。テストの実行結果はレポートとしてユーザに提示されるが、正にこのレポートこそがAppCheckerの神髄とでも言うべき内容となっているのである。