Ubuntuは「当たり前」の存在

 先週末のことだ。友人がデスクトップ・パソコンのWindows XPに問題が絶えないと嘆いていた。そこで、私も手伝ってそのパソコンにUbuntu 7.04をインストールした。すると、問題は雲散霧消してしまった。これを切っ掛けに、私は自分の「常用」コンピューター、やはりUbuntu 7.04が動作しているDell Latitudeについて思いを巡らせた。そして、この何か月もの間、我がノートパソコンやそこで動作しているオペレーティング・システムについて取り立てて意識したことがないことに気づいた。Linux、とりわけUbuntuは信頼性が高く簡素で、ほとんどのエンドユーザーにとって、カナヅチやノコギリのような存在、殊更に考える必要もない存在なのだ。これは、GNU/Linuxはあえて目を向ける必要のないほど当たり前の存在になったということだろうか。

 Ubuntuの最新バージョンは現在8.04だが、私のUbuntuは7.04のままだ。したいことはすべてできる信頼できるシステムをアップデートする必要性はあまり感じない。確かに7.04にはセキュリティー上の大きな欠陥が1つあったが、Ubuntuの自動アップデート機能によってとっくの昔に対処済み。友人のパソコン上のUbuntuもインストールと同時に改修されている。

 今この記事を執筆している最中も、Ubuntuのソフトウェア・アップデート24本が(自動的に)ダウンロードされインストールされているところだ。私の使っているUbuntuは成熟した「実証済み」バージョンであり、常用しているソフトウェアについては最新版や最強版があっても移行していないため(たとえばFirefoxは今も2.xxを使っている)、そうしたアップデートでシステムが壊れるリスクはほとんどない。Ubuntuのアップデートについてはここ数年意識したことはなく、この点でも信頼性が高く、意識に上らないほど「当たり前に機能する」状態にある。実際、今Ubuntuのアップデートについて考えているのは、この記事を書いているからなのだ。

Microsoft Office 2007の問題点

 はじめに断っておくが、私自身は2007に限らずどのバージョンのMicrosoft Officeでも困った経験はない。そもそもMicrosoft Officeを所有したことが一度もないのだ。ここで話題にするのは、コンピューターとVistaとOfficeを新規に購入した友人(男性)についての話だ。選挙に立候補している彼は選挙運動を支援している友人(女性)に文書を次々と送るが、彼女は彼の文書を読むことができない。彼女が持っているOfficeのバージョンが古いからだ。

 私の場合、彼が送ってくるOffice 2007の文書をOpenOffice.org(OOo)で読むのに何の支障もない。アドオンodf-converter-integratorがOffice 2007形式を処理してくれているからだろう。その結果は上々だ。このアドオンはUbuntu 7.04に同梱されていたOOoにはなかったと思う。あったとしても、まだ初期のアルファ・バージョンだったろう。しかし、そのときから現在までのいつかの時点で、気の利いたUbuntuアップデートのいずれかによってOffice 2007文書をOOoで読むための実用レベルのツールが私のシステムにインストールされていたのだと思われる。素晴らしいではないか。

 一方のOfficeはというと、Office 2007のファイルを2007以前のバージョンのOfficeで読むためのある種のアドオン・ユーティリティーがMicrosoftから提供されていることが若干の調査で判明した。しかし、結局のところ、彼が定期的にファイルを送っている8人ないし10人にそれぞれのOfficeをアップデートしてもらうより、彼一人にOffice 2007で古い.doc形式を使って文書を保存する方法を教える方が簡単だった。

 そうこうしているとき、私が無償のオフィス・ソフトウェアという魔法を使っていることを知った彼の友人2人がOOoの入手方法を尋ねてきた。かくして、世界のOpenOffice.orgユーザーが2人増えたというわけだ(今のところWindowsを使っているが)。