FOSSにとってWebアプリケーションは次の戦いの場か?

 Webアプリケーションの人気の高まりを懸念して、ClipperzプロジェクトのMarco Barulliは、この趨勢にFOSS(free and open source software)はどう応えるべきかという点について初めての詳細な提案の1つを書いた。BarulliもClipperzも一般にあまり知られていないが、Free Software FoundationのRichard M. Stallmanや、FunambolのCEOを務めるFabrizio Capobianco(WebアプリケーションにおけるFOSSの意義を以前から主張している一人)のような有名どころが彼の考え方に耳を傾けつつある。

 Webアプリケーション(サービスとしてのソフトウェアとかクラウドコンピューティングとも呼ばれる)とは、ユーザーがWebブラウザを用いてアクセスし、その本体はプロバイダのサーバーに置かれるソフトウェアのことである。どう呼ぶにせよ、Webアプリケーションが少なくとも2つの理由でFOSSに重大な挑戦状をつきつけていることは間違いない。

 第一に、Webアプリケーションは伝統的な意味でのソフトウェア配布を行わないので、GPL(GNU General Public License)のようなフリーライセンスの要件("プロバイダはコードをコミュニティに返さなければならない")が迂回される。そのため、Googleのような企業はFOSSを自社のWebアプリケーションに利用する一方で、自社で行ったあらゆる変更をプロプライエタリとして扱うことができる。

 第二に、ユーザーとプロバイダの間でデータがやり取りされ、また多くの場合、プロバイダのソフトウェアはユーザーのマシンにインストールされることから、Webアプリケーションはフリーライセンスにおいてほとんど扱われることのないプライバシーの問題を提起する。

 これらの問題は今に始まったものではない。Tim O'Reillyは何年も前から警告してきたが、「オープンソースライセンスは時代遅れ」という彼のセンセーショナルな宣言のせいで議論が本筋から逸れる傾向があった。

 その上、Barulliが強調するように、Webアプリケーションの利便性が先行して批判が抑えられる傾向があった。BarulliはLinux.comに次のように述べている。「セキュリティ分野でずっと活動してきた立場から言わせてもらうと、利便性は大きな誘因になる。ある意味で自由よりも、セキュリティよりも力を持つ」

 しかし同時に、これらの問題に取り組む必要性も高まりつつある。Capobiancoは、ワープロやスプレッドシートのような日常業務アプリケーションがWebブラウザから利用できるようになるとは誰も予想しなかったと指摘し、「どのアプリケーションもサービスとして実行可能なら、そのうちサービスとして実行できるようになる。市場はその方向に進んでいる」と言う。彼はWebアプリケーションの提起した問題をFOSSの「癌」と呼び、「サービスとしてのソフトウェアを過小評価して、この問題を見逃すなら、それは間違いだ。世界はサービスとしてのソフトウェアの方向へ進んでいる。10年もすれば、ソフトウェアの90%はサービスとして実行され、オープンソースは消滅する」と補足する。

Webアプリケーションのフリー化

 Barulliが行動計画を提案する以前、Clipperzを有名にしたのはClipperz Community EditionのためのWebサイトをGoogle Codeにホストさせる問題だった。同プロジェクトは、そのソフトウェアをAffero General Public License(AGPL)のもとで認可したいと考えていた。このライセンスは標準GPLにおける配布の抜け穴を塞ぐために、サービスとしてのソフトウェアの提供を通常の配布と同じ契約的拘束を伴う配布形態であると規定する。

 しかし、GoogleはAGPLのもとで認可されるプロジェクトをホストすることを拒否した。ライセンスが野放図に増えるのを避けたいというのが当初の主張で、後になって、AGPLは実証されていないと言うようになった。だが、観測筋によると、Googleは当の抜け穴で利益を上げているため、AGPL絡みにただ過敏であるというのが本当の理由のようだ。

 Clipperzは結局、Community EditionのホームをSourceForge.netに見つけた。しかし、この問題のもっと重要な成果はBarulliがRichard Stallmanと長期にわたるメールのやり取りを始めたことだ。「まさに啓示だった」とBarulliは言う。そこでの話し合いがそのまま彼の行動計画へとつながったのである。