カナダのオープンソースコミュニティが不安を指摘する著作権法の草案

カナダ政府が現在検討を進めている著作権法の内容は、同国におけるオープンソース型ビジネスモデルの信奉者に大いなる不安を感じさせるものとなっているそうである。

オープンソースの理念とビジネスモデルの擁護団体CSIA(Canadian Software Innovation Alliance)の一員であるRussell McOrmond氏によると、先月カナダ政府により公開された著作権法の草案Bill C-61は、以前にCSIAから白書の形で出されていた提案事項をことごとく無視した内容となっているとのことだ。

同白書は2007年12月にリリースされたもので、そこではオープンソース開発者にとって公平と思われるデジタル著作権の在り方が提案されていた。ところがMcOrmond氏によると、今回公開されたBill C-61は、オープンソースのビジネスモデルが成立する前提であるアクセス原則を妨げる内容になっていたというのである。

「Bill C-61では著作権保護システムや技術保護措置(TPM:Technical Protection Measures)としても知られている技術的な手法の回避措置を禁じているのですが、問題は、そうした技術的な手法を有する人間がどのような立場にあるかや、その種の回避措置が合法的に成されたものであるかを一切考慮に入れていないことです」と同氏は述べている。

「こうした不備の不正使用として、ソフトウェア作成者側に関係するであろうものが2つ指摘されています。その1つは、当該ハードウェアを実際に購入した人間以外の者がキーを所有するという形で適用されるハードウェア関連のTPMであり、もう1つはロックの施された特定ブランドのソフトウェアおよびデバイスによってのみ解除可能なデジタルコンテンツとして適用されるTPMです。ソフトウェア作成者の有すその他の権利が保護される以前に私どもが理解しておくべきことは、現状での潜在カスタマは、自分の使用するソフトウェアは自ら選ぶことが許されているということです。こうしたTPMの不正使用は、いずれもカスタマ自身によるソフトウェア選択の機会を失わせることになるでしょう」