coLinuxに第2の息吹

 Cooperative Linux(coLinux)は、GNU/LinuxがそのままWindows上で動作するという、仮想化の分野で独自の位置を占めている。2000年に始まったプロジェクトではあるが、最近やっと0.72になったばかり。しかし、andLinuxUlteo Virtual Desktopなどの著名プロジェクトに基盤技術を提供するだけのものは持っている。UbuntuのWubiやFedoraのLive USB-Creatorといったツールが示す通り、今、Windowsの利用者をGNU/Linuxに引き寄せることに関心が集まっている。そんな今こそ、coLinuxの背後にある技術に注目すべきではないだろうか。

 coLinuxは、Dan Aloniが2000年に取り組み始めたプロジェクトだ。当時AloniはWindows育ちのコンピューター科学科1年生だったが、フリーソフトウェアに熱中するようになり、User Mode Linux(テストのために仮想マシン上でGNU/Linuxを動かそうというプロジェクト)をCygwin(よく知られたWindows向けUnix風環境)に移植しようと思い立って、プロジェクトUmlwin32を立ち上げた(このプロジェクトは現在も存続するが、Aloni自身は積極的に関与していない)。

 やがて「WindowsのユーザーAPIは柔軟性が低く、Linuxカーネルをそのまま載せるには不十分だ」と確信するに至ったAloniは、LinuxカーネルのソースをCygwinの下でコンパイルしlinux.sysファイルを作ってみるなど(問題が多発して諦めた)、ほかの道を模索し始めた。そして、2003年、それまでに培ったLinuxカーネルについての知識を武器にAloniはゼロからcoLinuxを立ち上げた。

 2005年5月に小さな会社(2007年にIBMに買収された)を設立して以降、Aloniはプロジェクトの管理から遠ざかっている。現在、ストレージ・システム分野の仕事をしているAloniは「忙しすぎて、今は、Cooperative Linuxの維持管理に積極的に関わる余裕がない。しかし、気にはかけている」と言う。開発者用ページは古いままだが、プロジェクトは、今、Henry Nestlerが維持管理している。

 今もベータ段階にあるcoLinuxだが、主な利用者は2通り想定されている。1つは、古くからのプロジェクト・メンバーである岡島純が「デスクトップLinuxを一般の人々の手に」を標榜していることからわかるように「WindowsからLinuxへの王道を提供する」こと。2つめは、Cygwinとほぼ同じだが、フリーソフトウェアを長く使ってきた人が使い慣れたGNU/LinuxツールをWindowsでも使えるようにすることだ。