GPLv3リリースから一年

 今から一年前の2007年6月29日、18ヶ月におよぶコミュニティや企業関係者との幅広い議論を経てGPL(GNU一般公衆利用許諾契約書)LGPL(GNU劣等一般公衆利用許諾契約書)の第3版がリリースされた。さらに11月にはAGPL(GNU Affero一般公衆利用許諾契約書)の第3版もリリースされた。FOSS(フリー/オープンソースソフトウェア)動向の専門家たちは現時点でのこれらのライセンスについて、成功度はほどほどだとしながらも、フリーソフトウェアの啓蒙に寄与し続けているという点で評価している。

 各種GPLの第3版を採用しているプロジェクト数は発表元によってやや数字が異なる。オープンソースのコードを追跡調査する企業Black Duck Softwareで社長兼CEOを務めるDoug Levin氏によると、現在GPLv3を使用しているプロジェクト数は2,476、LGPLv3を使用しているプロジェクト数は358、AGPLv3を使用しているプロジェクト数は72だという。また同様の目的を持つ企業Palamidaでマーケティング担当副社長を務めるTheresa Bui氏も、GPLv3は2,271、LGPLv3は261、AGPLv3は100のプロジェクトが使用しているというほぼ同じような数字を挙げた。数字に差があるのはおそらく、Black Duckの数字には各ライセンスへの移行計画があるプロジェクトの数も含まれているのに対して、Palamidaでは除外されているということで説明がつくだろう。ただしAGPLについてのPalamidaの数字が大きいのは、ブログからも分かるようにPalamidaが最近AGPLにやや重点的に注目しているためだと思われる。

 さらに、開発者に対してv2.1以降のGPL(当然ながらGPLv3も含まれる)の使用を許可する条項を含む版のGPLを使用しているプロジェクト数についてもPalamidaが調査していて、そのようなプロジェクトは、GPLについては6,465プロジェクト、LGPLについては372プロジェクトがあるという。AGPLについては第3版になるまでそれほど普及していなかったため、この件についての数字を出していないとのことだ。

 数字に多少の違いがあるとは言え、Black DuckもPalamidaも全体的な傾向についてはほぼ同じ見方をしている。両社によれば各種GPLのすべての版を合計すると現在使用されているフリーなライセンス全体の約70%を占めるのだという。さらに、GPLv3とLGPLv3の採用ペースは月に約220プロジェクトで安定しているが、そのことでGPLv2の採用が減っているということはなく、また2008年の年末まではこのような傾向にほとんど変化はないだろうというのが両社の見方だ。なおGPLv3採用プロジェクト数がGPLv2採用プロジェクト数を追い越すことは近いうちにはないだろうという見方でも両社は一致していた。