Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

eAR OS:目でも耳でも楽しめる新しいメディアセンターOS

 最高級のホームエンターテイメントセンター構築用スピーカ/アンプ/記憶装置/ケーブルなどの製品を販売するデンマーク企業Acoustic Realityが先日、 eAR OS Free Edition をリリースした。eAR OS Free EditionはUbuntuベースの無料メディアセンターシステムで、有料版(100ドル)のeAR RT-OS Enterprise Editionや同社のハードウェア製品Media 4で使用されているソフトウェアテクノロジーAcoustic Realityの無料版を搭載している。eAR OS Free Editionは、Ubuntuの素晴らしさとユーザフレンドリなメディアセンターを併せ持つディストリビューションだ。

 eAR OSはハードディスクにインストール可能なライブCDだ。インストーラはUbuntu 8.04のものとまったく同じものとなっていて、ブートオプションもUbuntu 8.04のものと似たものとなっている。インストーラの唯一の難点はユーザのセットアップ時に、個人用のユーザアカウントを追加することができなかったということだけだ。eARデスクトップでは、ユーザ名「earmusic」、パスワード「earmusic」というユーザアカウントを使用することになっている。

ear2_thumb.png
Media Center

 Media Centerについては、このディストリビューションの開発重点項目であり主な使用目的でもあることもあって非常に期待していた。起動すると、Listen to Favorites(お気に入りの音楽を再生)、TV(テレビ)、DVD、Video(ビデオ)、Music(音楽)、Radio(ラジオ)、Photo(写真)、More(その他)などのマルチメディアタスクを実行するためのメニューが全画面に表示された。メニュー内は矢印キーかマウスを使って移動する。Media Centerを終了せずに通常のデスクトップを使用したいときには、Ctrl-Alt-矢印キーを同時に押せば別の仮想デスクトップに切り替えることができる。

 とは言え、よく使われるアプリケーションに関してはメニューのMore(その他)の中に項目がありMedia Centerから直接的に起動可能なので、Media Centerを終了したり別の仮想デスクトップに移動したりする必要はないかもしれない。利用可能なアプリケーションにはFirefox、OpenOffice.org、Pidgin、GIMP、Skype、GNOME Control Centerなどがある。またパネルやドッキングバーのSimdockなどを表示することもできるので、これらを使えば画面上ですぐに実行可能な項目を増やすことができるため、Media Centerを常時表示しておきたいホームシアター専用マシンとして使用しているコンピュータ上では特に便利だ。

 Favorites(お気に入りの音楽を再生)メニューを選択するとユーザのプレイリストが表示される。プレイリストには例としていくつかの項目があらかじめ用意されているが、ユーザがさらにオンラインラジオ局、デジタル放送チャンネル、ディスク上の音楽/ビデオ、音楽CDのトラックなどを追加することができる。「p」を入力すればPlaylist Commands(プレイリスト用コマンド)の一覧が表示される。

 TVメニューからは、Kaffeineを使ってDVB(Digital Video Broadcasts)を見ることができる。そのためにはKaffeineがTVカードを検出/設定することができる必要がある。個人的には今後、BTTV放送チューナーカードのサポートが追加されることを期待している。Kaffeineではアナログカードがサポートされていないので、xawtvを使用できるとは言え、eAR Media Centerにこの機能が含まれていないのは不便で残念だった。今回は妥協案として、画面上のMore(その他)メニューの中に表示されるようにxawtvのランチャをeAR-Moreディレクトリの中に作成した。しかし家族に言わせれば、テレビを見るためにTVメニューではなくMore(その他)メニューを使用するのは分かりにくいとのことだった。そこで別の方法として従来のテレビ(S-VideoやVGA出力など)に接続するという手も考えたが、テレビを見るためにビデオ入力を切り替えなければならなくなるので統合型ソリューションからは程遠いだろう。

 DVDメニューからは、やはりKaffeineを使用して、その名の通りDVDを見ることができる。暗号化されたDVDの再生もまったく問題なく行うことができた。「d」を入力すればDVDメニューが起動して、DVD上で利用可能なその他の機能を使うことができる。「s」の入力で字幕を制御、「f」と「l」で音量の上下、スペースバーで映画の一時停止とその解除ができる。また矢印キーで映画内の早送りと早戻しができる。

 Video(ビデオ)メニューでは、ハードディスク上のビデオを見ることができる。メニューをクリックすると、いくつかのフォルダのリストが画面上に表示される。ファイルは/home/earmusic/eAR-Videoのサブディレクトリ内に保存しなければならず、別のディレクトリを追加する方法は見つけることができなかった。なお試してみた形式(AVI、MPEG、MPEG-4)はどれも問題なく再生できた。

 Music(音楽)メニューでは、Video(ビデオ)メニューと同様に、音楽が保存されているはずのフォルダのリストが表示される。ファイルは/home/earmusicの中に保存するのだが、やはりVideo(ビデオ)メニューの場合と同様に、それ以外の場所にあるディレクトリの音楽を追加する方法は見つけられなかった。音楽CDの再生も可能で、Music(音楽)メニューをハイライトした状態のメイン画面で右矢印キーを使うかマウスを右に動かせば項目がListen to CD(CDの再生)に変わるので、選択すればSound Juicerが起動してCDの再生やリッピングができる。

 Radio(ラジオ)メニューでは、インターネットラジオ局を聞くことができる。リストには驚くほど幅広いラジオ局が用意されていて便利だった。しかしそれ以外の局を簡単に追加する方法は分からなかった。

 Photo(写真)メニューでは、画像を保存したディレクトリを閲覧することができる。Video(ビデオ)メニューやMusic(音楽)メニューと同じように、画像も/home/earmusic/eAR-Photosという既定のディレクトリに保存されていることになっていた。

 eAR Media Centerは非常に使いやすい。まったく期待通りというわけではないのだが、幅広いマルチメディア機能が提供されている。見掛けは素晴らしく、また激しくテストしている間も安定していた。古いアナログTVカードをサポートしていなかったが、ほとんど時代遅れになりかけているものでもあるし、私の場合は上記の対処法で十分だった。また非常に数多くのラジオ局が登録されていて、ほぼすべてのユーザの好みをカバーしていると思う。唯一の難点はデータの保存先のディレクトリが固定されていることで、自分が今まで保存に利用していた保存用ディレクトリを追加することができれば非常に嬉しかった。