各自のニーズに則した復旧用ブータブルCDのカスタム作成法

 長年安定して動作してきたLinuxマシンであっても、いつの日にかブートローダ終了後のディスクチェック時にハードドライブにおけるパーティションテーブルの損傷が検出され、システムへのアクセス不可能な事態に陥るかもしれない。そうした場合に対応可能なレスキューディスクは事前に用意しておくべきだが、各自のニーズに則した最善のものを入手する方法の1つは、ユーザ自らが自分でカスタマイズ作成してしまうことである。

 ここではUbuntu 8.04 Hardy HeronのライブCDをベースに用い、その標準インストレーションに各種パッケージの追加および削除をすることで、必要なユーティリティのみを収めたブータブルディスクを作ることにしよう。その目的上、Ubuntuアプリケーションの大部分は削除対象となるが、同時に、ウィルス対策用のプログラム、パーティションのリカバリツール、各種のディスクユーティリティ、ルートキットの検出ツールについては新規に追加インストールしておかなくてはならない。なお本稿で説明するUbuntuライブCDベースでのレスキューディスク作成法は、その他のDebian系オペレーティングシステムなどに対しても、それほど大きな変更をすることなく適用できるはずである。またここでの解説は、コミュニティベースで整備されたUbuntuのライブCDカスタマイズ法を主として参考にしており、このドキュメントにはより高度な関連情報やトラブルシューティングのヒントも収録されているが、Ubuntu以外のライブCDに関するカスタマイズ情報はlivecdlist.com wikiから探し出せるだろう。

 UbuntuベースのブータブルCD作成を行う最低限の作業環境としては、3GBのディスクスペースと512MBのRAMが使用可能なコンピュータが必要となる。スワップ領域としては1GBが欲しいところだが、私が今回の作業を行ったのは512MBしか使えない環境であった。