NokiaがSymbianを買収、Symbian OSをオープン化

 英Symbianは、同じ名前の有名なプロプライエタリのモバイル/組み込みオペレーティングシステムを提供する企業であり、このほど創業10周年を迎えたが、11周年を迎えることはなさそうである。以前よりSymbianの大株主だったNokiaは、今日(24日)残りの全株式(52%)を約2億6,400万ユーロ(およそ4億1,000万ドル)で買収すると発表した。Nokiaは買収にとどまらず、Symbianオペレーティングシステムをオープン化することも明らかにした。

 ロンドンの記者会見においてNokiaのCEO、Olli-Pekka Kallasvuo氏はSymbianのコードをベンダ中立の新設組織Symbian Foundationの手に委ねることを明らかにした。これは、単にオープンソース開発コミュニティと手を携える程度の前進ではない。Nokiaのほか、AT&T、Motorola、Samsung、Sony Ericsson、Texas Instrumentsなど、10社を超える企業が新しいオープンSymbianに出資する。

 「これは弊社のソフトウェア戦略において極めて画期的な事件です。Symbianは既にモバイル機器のオープン・プラットフォームとして他を引き離していました。今回の買収とSymbian Foundationの発足によって、Symbianは間違いなくモバイル・イノベーションにとって最高に魅力的なプラットフォームとなります。これを起爆剤に新しい魅力的なWeb対応アプリケーションの開発が進み、新しい世代の消費者を歓喜させることでしょう」

 Nokiaに近い複数の情報筋によると、コードが初めて一般に公開されるのは2008年最後の四半期か2009年第1四半期になるようだ。すべてのSymbian OSと開発ツールは、2010年までに公開される。今回、NokiaとSymbian Foundationは、プログラムをEclipse Public License 1.0に基づいて公開することを計画している。

 このところ、Nokiaはオープンソース・プロジェクトを獲得、サポートすることに非常に熱心だった。6月18日、同社はTrolltechの買収を完了した。Trolltechが開発したQtアプリケーション開発フレームワークは、現在KDE Linuxデスクトップ環境の基盤となるほどの成功を収めている。Nokiaは、同社のLinuxタブレットN8xシリーズ用のLinuxベース・オペレーティング システムMaemoでQtを使うことを既に発表していた。

 QtをSymbian上に統合するために必要なツールを開発者に提供するかどうかについては、Nokiaは明言を避けた。ただし、Symbianはこれまでも複数のパームトップ・インタフェースの土台として利用されてきた。それらは、NokiaのS60、Sony EricssonのUIQ、NTT DoCoMoのMOAP(Mobile Oriented Applications Platform)などである。したがって、KDEスタイルのインタフェースをSymbian搭載の電話機やモバイル機器に対応させるのは、比較的簡単と思われる。Nokiaは、S60をSymbian Foundationに引き渡すことも公表した。Sony EricssonとMotorolaは少なくともかなりのUIQコードを供与し、NTT DoCoMoは、詳細は不明ながら、MOAPをSymbian Foundationの活動下にオープンソース化する用意があると見られる。