完璧とは言い切れないLinux Mintの新リリース

 Linux MintはUbuntu 8.04 LTS派生のディストリビューションで、コミュニティによって高度にカスタマイズされている。プロジェクトによるとLinux Mintの目的は「エレガントで快適な最新のGNU/Linuxデスクトップディストリビューションの作成」だという。今月リリースされた最新版Linux Mint 5.0 "Elyssa"は、Ubuntuの安定性と機能のほとんどを継承しながらも独自の機能と調整を加えることで一線を画したものとなっている。このように素晴らしいデスクトップのMintだが、いくつかの問題点があるため完璧とはまだ言い切れない。

 Mintにはプロプライエタリなコーデックを含むメイン版と、プロプライエタリなコーデックが含まれない軽量版の2つの版がある。今回は、Elyssaの64ビット版が見当たらなかったので32ビットのメイン版をダウンロードしてインストールした。なおインストールしたテスト用マシンは、Athlon 64 X2 5200+ プロセッサ、2GBのメモリ、SLI(Scalable Link Interface)上の2枚のNvidia GeForce 8600GTビデオカード、160GBのSATAハードディスクを搭載している。

 Elyssaのインストール手順は、この一年ほどの間にUbuntuのどれかのバージョンをインストールしたことがあればすでに馴染みのものだ。つまりUbuntuと同じライブCDを用いたインストール方法を使用しているのだが、なぜかElyssaの場合には、標準的なUbuntuのCDよりもブートにほぼ2倍の時間がかかった。一方ブート後ハードディスクへのインストールにかかった時間は、同様のインストーラを使用しているどのディストリビューションともだいたい同じだった。

 初めてログインするとMint Assistantが表示されて、ルートアカウントをセットアップするためのオプションが提示される。ルートアカウントを作成すれば、(sudoを使用する代わりに)ルートユーザとして直接マシンにログインすることができるようになる。またGNOME端末を起動する度に面白いメッセージを表示する、端末用Fortuneを有効にすることもできる。このような機能が設定メニューに含まれているのは親切ではあるが、個人的にはMint Assistantでは、テーマの変更や新規ユーザの作成など、もっと役立つ設定を提供して欲しいと感じた。

mint1_thumb.png
Linux Mint Elyssa

 Elyssaではブート時のスプラッシュ画面、GNOME Display Manager、GTKテーマがカスタマイズされている。デフォルトのテーマは以前の版と似ているものの、スライダにClearlooksエンジンを使うなど、統一感を持たせるための小さめの調整が少し加えられていた。見掛けはこぎれいだが、GTKのテーマのデフォルトが紫色なのは、その他のいたるところで使われている緑のアートワークとはあまり合っていなかった。とは言えデフォルトのテーマが気に入らなければ、それ以外のテーマもElyssaのデフォルトのインストールに含まれているし、そのうちのいくつかについてはGNOMEのAppearanceアプレットで色を変更することもできる。

 もう一つElyssaの注目すべきカスタマイズとして、通常のGNOMEアプリケーションランチャではなくmintMenuを使用しているということがある。mintMenuは一つの枠内にできるだけ多くのサブメニューを含めようとしていて、狭い画面の有効利用という観点からは素晴らしいものの、mintMenu自体がやや大きいと感じた。

mint2_thumb.png
mintMenu

 ソフトウェアのアップデートはMint独自のmintUpdateソフトウェアで行なう。mintUpdateではソフトウェアアップデートが必要性や安定度に基づいて優先度ごとに分類されている。レベル1とレベル2のアップデートは優先度が高く(システムに悪影響を与える可能性が低い)、レベル3以下に分類されているものは必要な場合にのみインストールすることが推奨されている。アップデートを優先度によって分類するのは、システムの不具合を予防するという点で名案だと思った。Mintは独自のリポジトリも管理していて、その中にはUbuntuの標準であるMain、Universe、Multiverse、Restrictedリポジトリも含まれている。つまり利用可能なパッケージはUbuntuとまったく同等で、さらにいくつかのMint独自のパッケージが追加されているということだ。

 デフォルトのGNOMEデスクトップでは横長のパネルが2つ使われているのだが、Elyssaのパネルはデフォルトでは一つだけになっていた。パネルのデザインはよりすっきりしているが、モニタの解像度によってはすぐに取り散らかってしまうだろう。とは言えこれは小さな不満で、GNOMEの設定ツールを使えば好きなだけ多くのパネルを追加することができる。性能に関して言えば、Elyssaの実行はベースとしているUbuntuと同じくらい高速だった。