子供も大人も楽しめるTuxpaint

 私の孫娘はヨチヨチ歩きができるようになる以前から、私の膝に腰掛ける形でコンピュータに接してきた。マウスに興味を持ちだしたのは生後数カ月の段階で、早くもその頃から画面上のカーソル操作をするようになっていたのである。そうした様子を笑いながら見ていた友人の1人は、「この子が3歳になったらカーネルのコンパイルをやらせるようになるんでしょ」と冷やかしていたものだった。今や3歳になった孫娘がカーネルのコンパイルに手を出すことはないが、その代わりに何時間も遊んでいるのがTuxpaintである。

 Tuxpaintはドロー系プログラムの一種だが、基本的には子供向けの作りとなっている。大きく判別しやすい配色のボタンと愉快なサウンドエフェクトにて彩られたこのお絵かきソフトを手にすれば、あなたのお子さんもいっぱしのアーティストに早変わりするという訳だ。このように複雑な操作法をマスターする必要のないTuxpaintは、面白くてためになる教育ツールとして位置付けていいだろう。

 そもそもの事の発端は、孫娘がそれまで楽しく遊んでいたゲームソフトに飽きだしたことであった。以前はFrozen Bubble(孫娘は“ペンギン”と呼んでいた)、Fish Fillets(同じく“フィッシュ”)、Njam(同じく“モンスタ”)がお気に入りだったのだが、最近はこれらを使い始めてものの数分もすると興味を失うようになり、塗り絵か画用紙とクレヨンの組み合わせという古式ゆかしいスタイルに回帰するようになったのである。もっとも私は常々この子は父親譲りで芸術方面の興味が高いと感じていたので、ある日の晩に彼女がTuxpaintに関心を持つかどうかを試してみることにした。結果、今では孫娘の方から“ペイント”を使わせてくれるよう、おねだりをするようになったのである。