Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

Slackware 12.1:入手する価値あるアップグレード

 先の5月2日、Pat Volkerding氏を始めとするSlackware開発チームはSlackware Linuxの最新版となるバージョン12.1をリリースした。今回のリリースは、バージョン番号的にはゼロコンマ以下のマイナーバージョンアップという位置付けにされてはいるものの、その新機能一覧を見る限り、他のディストリビューションであればメジャーバージョンアップとされていても不思議のない充実した内容となっている。

 このSlackware 12.1では、KDE 3.5.9やXfce 4.4.2といった新バージョンが採用されていると同時にudevなどについても多数の改善が施されているが、アップデート内容の詳細は同プロジェクトによるリリースアナウンスを参照して頂きたい。このような変更を施されたバージョン12.1をユーザ側の観点からまとめると、前バージョンをごく真っ当に改善した正常進化版と評していいはずだ。

 Slackwareは現存する中でも最古参のLinuxディストリビューションであり、その初回リリースは1993年にまで遡ることができる。また同時にこれは“手作り”的な色合いが非常に強いディストリビューションでもあって、システム設定の大部分についてはユーザがテキストファイルを直接編集することで対処しなければならない。更にSlackwareは極めてプレインな構成のディストリビューションであることでも知られている。つまりこうしたSlackwareの開発に携わっているチームの嗜好としては、ソースに対する変更を最小限に留めた上で、そのコンパイル結果を提供するという方式が好みのようなのだ。

 Slackware開発チームの設計思想は、パッケージ管理の方式に如実に反映されている。確かにSlackwareのパッケージ管理機能はコマンドラインおよびGUI(ncursesベース)の双方にて実行できるのだが、Slackwareの利用するパッケージ群と依存関係にあるライブラリの存在はチェックされないし、パッケージ管理用のツール群も別途必要なもののダウンロードやインストールを自動的に処理したりはしないのだ。つまりSlackwareを使用する場合は、こうした仕様であることを念頭に置いておかなくてはならない。また依存関係のインストールとアプリケーションのインストールとを異なるプロセスとしておくことは、依存性にまつわる問題が発生した場合も、このプロセスに起因して状況が複雑化しないことを意味する。それ以前に、Slackwareのフルインストールでは必要となるライブラリの選択肢がすべて提示されるようになっているので、確保すべき依存関係の大半はその時点ですべて入手できるはずなのだ。仮にここで提示されないものが存在したとしても、通常は必要なパッケージのダウンロードとコンパイルをしてインストールをするだけであり、Slackware用パッケージのコンパイル作業についてもSlackbuilds.orgから入手できるslackbuildスクリプトなどのツール群やscr2pkgを使用することで簡単化できるようになっている。