Fedora 9 インストールとアップデートを半自動化するツール

 Fedoraプロジェクトは、さまざまなタイプのインスタレーションを用意している。中でも、Fedoraの全リポジトリーを含むDVDなど、特定用途向けのインストール・イメージ群Fedora spinsがよく知られている。それらに加えて、同プロジェクトはFedora 9でさらに2つのツールを用意した。Fedoraのライブフラッシュ・ドライブを作るためのWindowsアプリケーションLiveUSB Creatorと、リリースをアップグレードするためのウィザードPreUpgradeだ。方法こそ異なるが、どちらもFedoraオペレーティング・システムの複雑なインストール作業を扱いやすくするためのツールだ。

LiveUSB Creator

fedora9_1.png
LiveUSB Creator

 LiveUSB Creatorは繰り返し使える起動可能フラッシュ・ドライブ、つまり変更やアップグレードができファイル・ストレージとしても使えるイメージを作成するためのWindowsアプリケーションで、基本的に、同じ目的のFedoraスクリプトが持つ機能を簡単なダイアログを通して使えるようにしたものだ。

 LiveUSB Creatorはダウンロード提供されているが、zipファイルなので使用する前に展開する必要がある。起動するとダイアログが開き、ここでいくつかの設定を行う。具体的には、起動可能フラッシュ・ドライブの作成に必要なライブCDイメージ(ローカルまたはダウンロード)の指定、永続的に使用されるデータ保存領域の容量、対象となるWindowsドライブ文字を設定し、「Create Live USB」ボタンをクリックする。あとは待つだけだが、作成にはしばらく時間がかかる。イメージをダウンロードする時間(インターネット環境にもよるが、およそ40~70分)に加えて、およそ5分必要だ。

 もしこのツールに弱点があるとすれば、それは説明のたぐいがないことだろう。ヘルプもないのは、プロジェクト・サイトで調べてから使えということか、あるいは説明を要しないほど易しいということか。いずれにしても、データ保存領域として確保すべき容量については何らかの説明があってもバチは当たるまい。たとえば、フラッシュ・ドライブをすべて利用しますか、それともオペレーティング・システム用に領域を残しておきますか。データ保存領域が大きいとこういう利点と欠点があり、小さいとこういう利点と欠点がありますなど。こうしたことにほんの数百ワードを費やすだけで、このツールはグンとよくなるだろう。現状では、容量の指定はあれでよかったのだろうかという不安を抱えながら、プログレス・バーと処理状況のごく短い説明が流れていくのを眺めているしかない。

 プロジェクトのWebサイトを見るとGNU/Linux版LiveUSB Creatorの完成が間近いとあるから、Windows版のリリースはWubi(UbuntuをWindowsと同じファイル・システム上にインストールするプログラム)への一つの解答だったのだろう。ライブCDは当然のことながら動きが鈍いことが多い。したがって、関心のある人にLiveUSB CreatorやWubiでGNU/Linuxを試してもらうことができれば、よりよい印象を残すことができる。フラッシュ・ドライブで動作するFedoraはNTFSパーティションで動くUbuntuよりは遅いが、そこそこ動くからだ。さらに、GNU/Linux版LiveUSB Creatorでは、Wubiとは異なり、ファイルが占める領域以外にシステムが永続的に変更されることはない。使っていないフラッシュ・ドライブがある人にはもってこいの方法だろう。