Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

Red Hat Enterprise Linuxの最新リリースで取り込まれた新機能

 業務用Linuxの代表格であるRed Hatには、この分野におけるトップの座を明け渡す気は更々無いようである。実際、最新版リリースであるRed Hat Enterprise Linux(RHEL)バージョン5.2の設計思想には、業界トップの地位をより確固たるものにしようとする意図が見て取れるのだ。

 Red Hatニューヨーク証券取引所ユーロネクストなどの大手カスタマを確保しておく手段として今回の5.2リリースにて主として講じたのは、仮想化テクノロジ、デスクトップ、セキュリティ、クラスタリング/ストレージ、ネットワーキング/IPv6、保守性という6分野での改善である。改善点はこれらだけに止まらず、今回は対応アーキテクチャの拡大というハードウェアサポート面での前進もなされている。

 新たにリリースされたRHEL 5.2を特長付けているのは、x86/x86-64、Itanium、IBM POWER、S/390アーキテクチャにおける機能改善であり、主要なものとしては、パフォーマンス、省電力化、スケーラビリティ、管理機能での向上が施されている。例えばRed Hatの説明によると、RHELはIntel Core 2チップファミリで採用されたDynamic Acceleration Technologyに対応しており、使用されていないCPUコアをアイドル化して消費電力を節約すると同時に、ビジー状態のコアはオーバークロックすることでパフォーマンス的なゲインを確保するという機能を取り入れたとのことだ。またIBMの新アーキテクチャであるCell Bladeについての認証をRHELが取得したというニュースも今回初めてアナウンスされている。

 RHEL 5.2における仮想化関係の改善点は、1基当たり512GBのメモリを割り当てたCPUを最大64基搭載したシステム構成での仮想化を利用できるようになったことおよび、Non-Uniform Memory Access(NUMA)をサポートしたことである。

 仮想化関連のその他の改善点は、準仮想化(PV:Para-Virtualized)デバイスドライバ群に関するものである。これはVMからのハードウェアアクセスをより直接的なものとすることでI/Oパフォーマンスを向上させるための改良であるが、こうした恩恵を受けられるのはx86およびx86-64アーキテクチャにてRHELのゲストインスタンスを利用した場合に限られるとのことだ。また管理者はこうしたシステムの全体的なスループット向上を確認することになるであろうと、Red Hat側は説明している。なおRHEL 5.2におけるこうした仮想化機能の管理に利用されているのは、Red Hatの支援下で開発されたオープンソース系ハイパーバイザ診断管理フレームワークであるLibvirtの機能向上版である。