Windowsと戦うことの危険――Famelixの場合

 GNU/Linuxデスクトップには、どれだけWindowsに似せるべきかという問題がついてまわる。普通は、新しいユーザにも馴染みのある外見を持たせるべきか、あくまでも論理性を最優先にして開発を進めるべきか、という観点から激論が戦わされるが、最近、ブラジルで Famelix というディストリビューションの身の上にやや毛色の変わった出来事があった。どうやら、外見をWindowsに似せ、性能でそれを凌駕することにも危険がつきまとう。その危険とは、著作権侵害の汚名と、Windows大好き経営陣による方針の転換である。

 Famelixは、ブラジルのサンタカタリナ州にあるガラミリム都市大学(Faculdade Metropolitana de Guaramirim - FAMEG)で開発されたディストリビューションで、名前に大学名が反映されている。基本にはDebianがあり、KDEデスクトップを使用していて、壁紙やその他の細部がWindows XPに似るように設計されている。最新版のコード名はハスタラビスタ(「さようなら」を意味するスペイン語)といい、こちらはWindows Vistaに似せて作られている。

 Famelixの開発指揮をとったのは、1992年以来ブラジルに住み着いているドイツ人、David Emmerich Jourdain教授である。教授は、スタンフォード大学で修士課程の学生だったとき、地元のユーザグループの集まりに参加してフリーソフトウェアの考えに染まった。FAMEGの教授に、と招かれたとき、同大学にはコンピュータ室が1つしかなく、そこではWindowsの違法コピーを搭載したマシンばかりが動いていた。Jourdainは招きに応じる代わりに、1つ条件を出した。それは、大学全体にフリーソフトウェアを配備し、そのメリットを証明できるだけの時間をくれること、だった。「適法か違法かを問わず、プロプライエタリソフトを使わないことが目的でした」と言う。

 FAMEGは条件を飲んでくれたが、Jourdainはたちまち問題にぶつかった。なにしろ、多少なりともフリーソフトウェアの知識を持つのが自分1人しかいない。そこで学生を集め、カーネルのコンパイルやパッチ当てはもちろん、Qt、PyQt、C++、Kdialogなどのプログラミング言語やスクリプト言語の訓練をすることから始めた。

 インタフェースをテレタビーランド(Windows XPのデフォルトテーマを言うJourdain語らしい)とかけ離れたものにする不利には、すぐに気づいた。離れるほど、周囲が受け入れに消極的になる。そこで、デスクトップはできるだけWindowsに似せることにした。

 Famelix開発の最初の5年間で、約70人の学生が開発作業に参加した。現在は7人の学生が保守と開発に当たっていて、必要に応じてさらに18人が応援に駆けつける。この間、Famelixの使用は、Jourdainの個人マシンから大学の研究所や事務室のマシンにまで広がり、さらに「多くの学生が自分のパソコンにFamelixを入れるようになりました」とJourdainは言う。そして、大学を卒業した学生は、当然、仕事場にFamelixを持ち込んだ。

 GNU/Linuxディストリビューションの例に漏れず、Famelixのユーザ数も正確な把握は難しい。だが、ユーザには、上記以外にも軍隊の62個部隊、南米各地の学校やデジタル化普及センターも含まれるから、かなりの多さであることは間違いない。Famelixホームサイトからのダウンロード数はこれまでに2200万件を超えていて、しかもそのうちの1400万件は最近12ヶ月のことである。従来のスペイン語版とポルトガル語版に加え、ドイツ語版、英語版、イタリア語版がリリースされたことが大きいようだ。いずれにせよ、いかなる基準に照らしても、Famelixは成功したように見える。