Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

多数のVNCセッションを同時に管理・監視する

  vncthumbnailviewer は、多数のVNCデスクトップを同時に表示し、ダブルクリックで任意の1つに切り替えて管理することができるツールである。多数のVNCクライアントが動作しているかのように機能することから、vncthumbnailviewerは多数のVNCサーバを監視するのに便利である。

 vncthumbnailviewerは、コンピュータ・ラボ環境でデスクトップを監視することを目的に開発されたツールである。TightVNC Javaコードを使用するため、安定性に優れ、グリッチに強い。

 Ubuntu、openSUSE、Fedoraには、vncthumbnailviewerパッケージが提供されていない。Javaで書かれているため、vncthumbnailviewerを実行するにはJavaランタイム環境(JRE)をインストールする必要がある。この記事を書くために、vncthumbnailviewerのバージョン1.4.1と、Javaランタイムとして64ビット版のIcedTea Runtime Environment(ビルド1.7.0-b21)を使用した。

 vncthumbnailviewerを起動するには、「java -jar vncthumbviewer.jar」を実行する。vncthumbviewerのメイン・ウィンドウが表示され、ここから1つ以上のVNCサーバに接続できる。VNCサーバへの接続を確立するには、[file]メニューの[Add New Host(新規ホストの追加)]オプションを使用する。その際に、ホスト名、ポート、認証情報を入力する必要がある。使用できる認証方式は、[none(なし)]、[password(パスワード)]、[VNC encrypted password(暗号化VNCパスワード)]、[MS-Logon(Microsoftログオン)]である。VNCディスプレイ番号のメカニズムは直接サポートされていないため、1台のコンピュータで複数のVNCサーバを稼働している場合はポート番号を正確に入力しないとセッションを表示できない。通常、VNCサーバ用のポート番号は5900にVNCディスプレイ番号を加えた数値である。

vnc_thumb.png
vncthumbviewerによるVNCサーバの監視

 [Add New Host]オプションを使ってセッションを設定した後でホストのリストを保存しておくと、次にvncthumbnailviewerを実行するときにすべてのセッションを簡単に再度確立できる。あいにく、GUIを使って設定したホスト別のオプション(使用するエンコード方式や接続を読み取り専用にするかどうかなど)は、ホストのリストを保存しても保存されない。

 vncthumbnailviewerは、開いたVNCセッションの表示サイズと位置を自動で調整して、すべてのセッションが一度に画面に表示されるようにする。たとえば、2番目のVNCサーバに接続すると、画面に収まるように接続のビューが両方とも縮小される。

 VNCセッションをダブルクリックすると、表示中のセッションが単独の新規ウィンドウに表示される。このウィンドウを使って、VNCセッションをすばやく管理し、実行中の操作を簡単に把握できる。この方法でセッションを操作している間も、メインの縮小表示ウィンドウでは情報が更新され続ける。操作していたフルサイズのVNCウィンドウを閉じた後も、そのセッションに対する変更は縮小表示ビューで監視できる。

 vncthumbnailviewerが監視しているサーバに別のVNCクライアントを使って接続すると、vncthumbnailviewerはそのVNC接続の監視をただちに中止する。この処理は、サーバを表示専用モードで表示することをvncthumbnailviewerに指示した場合でも起こる。このような操作を行うことはなさそうだが、特定のVNCセッションが監視対象から外れたことを通知する機能がvncthumbnailviewerにあれば便利だろう。