2つの世界の良いとこ取りを目指すaTunes

 日中、別のオペレーティングシステムに切り替えているときにも使用できるような、どのオペレーティングシステムをブートしても使用できるようなフリーでオープンソースの音楽プレイヤがあれば便利ではないだろうか? そこで aTunes の登場だ。aTunesは、AmarokやAppleのiTunesの小さなライバルだ。AmarokとiTunesのあいの子のような名前のaTunesは、それらのユーザ体験のもっとも優れた部分を独自の形で組み合わせようとしている。

 aTunesはJavaで書かれたクロスプラットフォームの音楽プレイヤだ。バックエンドにMPlayerオーディオエンジンを使用しているので、(オープンソースとプロプライエタリのどちらのコーデックも含まれていて)一般的に普及しているオーディオ形式を幅広くサポートしている。多くの急成長中のプログラムと同様にいくつかの問題点もあるものの、それを補って余りある利点を持っている。

iTunesなのかAmarokなのか?

 aTunesは、iTunesとAmarokのどちらからもインスピレーションを受けているようだ。Amarokと同様に、音楽管理はプレイリスト指向になっている。また音楽/タグ/ポッドキャスト/インターネットラジオ/MP3デバイスの操作を切り替えるインターフェースがタブ形式になっている。さらにLast.fmやAudioscrobblerと統合されていて、「スマート」なプレイリスト(例えば評価点数や再生回数がもっとも多い楽曲を選択することができるなど)をサポートしている。その一方で、iTunesとの類似点もいくつかある。全体的なユーザインターフェースはiTunesのレイアウトを反映しているように感じられるし、ウィンドウの各要素(ナビゲータ、プレイリスト、コンテクスト情報)を別ウィンドウで表示することができるようになっている。

aTunes_thumb.png
aTunes

 3月にリリースされたaTunes 1.8.3にはいくつかの大規模なアップデートと新機能が含まれていて、これまでのaTunesの中で最高の出来になっている。Linux版でも利用可能な特に顕著な変更点としては、カラオケ機能の追加と、ラジオ/ポッドキャストのフィードエントリに関してプレイヤのパネルに表示される再生時間情報がより詳しくなったという点がある。その他の便利な機能としては、ナビゲータテーブル内のPlay Now(今すぐ再生)オプション(選択した楽曲を現在使用中のプレイリストに自動的に追加してすぐに再生する)や、アーティストについてのWikipediaの情報が(英語以外に選択肢がなかったのに対して)ユーザが指定した言語で表示されるようになったことや、イコライザなどがある。内部的なことについて言えば、新バージョンには複数のプレイリストのサポートや、RealAudioのサポートや、(今後のバージョンとの互換性を高めるための)XMLレポジトリや、ID3タグの歌詞/作者/アルバムアーティストフィールドへの対応、などの新機能が含まれている。これらの新機能によってaTunesは、ヘビーな音楽管理ユーザにとっても魅力あるものになっている。