Entertainerでスタイリッシュにマルチメディアを再生する

 毎日欠かさず映画を見たり音楽を聞いたりしたいユーザのために、最近のメジャーなオペレーティングシステムにはどれにも複数のメディアセンターソリューションが存在する。Linuxユーザにお馴染みのメディアセンターアプリケーションとしては MythTV Freevo があって、どちらも専用のディストリビューションまであるほどの人気ぶりだ。Freevoは高度に設定することが可能であり、次期Freevo 2もSVNビルドを見る限り非常に期待が持てるようだ。一方MythTVは、録画予約機能から天気予報用のプラグインに至るまで個人的なビデオ録画についてのあらゆるニーズを満たしてくれる。とは言え実際にはメディアセンターアプリケーションを使うと言っても単に、Xvidファイルを再生したり、お気に入りの音楽を聞いたり、家族の写真をテレビで見たりするためだけに使っているというユーザも少なくない。そのような場合には、 Entertainer を試してみると良いだろう。

 EntertainerはPythonで書かれたアプリケーションで、データベースとしてSQLiteを使用している。またIMDBウェブサイトから映画情報を取得するためにpyIMDBを使用している。Entertainerを使用するには、まずSubversionがインストールしてあることを確認してから、「svn checkout http://entertainer-media-center.googlecode.com/svn/trunk/ entertainer」を実行すれば最新のビルドを入手することができる。なおシステムに最新のpython-pyinotifyパッケージとpython-cddbパッケージがない場合には、それらをインストールする必要もある。その後、(現時点でのEntertainerではまだ各ファイルを自動的に作成することができないので)/entertainer/cfg/ディレクトリの内容を ~/.entertainerにコピーしよう。

 Entertainerを使い始めるためには、まずはバックエンドを起動する必要がある。そのためには/entertainer/srcディレクトリに移動してentertainer-backend.pyスクリプトを実行しよう。次に、同じディレクトリでentertainer-content-management.pyを実行する。すると設定ウィンドウが表示されてマルチメディアコンテンツがあるディレクトリのパスを設定することができるので、そこでビデオ/オーディオ/画像ファイルがある場所を指定すれば良い。あるいは/entertainer/cfg/content.confファイルを手動で編集してパスを追加しても良い。

 Entertainerの設定は、entertainer-preferences.pyスクリプト経由で行うことができる。このスクリプトのウィンドウでは、バックエンドの自動的な起動や、GNOMEパネルの通知領域でのトレイアイコンの表示や、各インターフェース効果のオン/オフ/選択や、新しいテーマのインストールなどといった設定を行うことができる。Entertainerは未完成のプログラムなので、Recording(録画)タブも表示はされるのだが設定項目は何もない。テーマは1種類のみインストールされている。またインターフェース効果は4種類ほど用意されていて、メニューとEntertainerの各画面に適用することができる。マルチメディアコンテンツのインデックスを構築する際には、Entertainerが各エントリを読み取ってSQLiteデータベースに挿入する。インデックスの作成には時間がかかるが、我慢強く待とう。