Fedora 9のリリース――“Make waves”をスローガンとした貢献者中心のプロジェクト活動

 かねてよりFedoraディストリビューションはその革新性についての定評を確立しているが、本日(5/13)リリースされたFedora 9もその例から漏れていないようである。簡単に実行可能なファイルシステムの暗号化やext4フォーマットのサポートなどは、今後リリースされる他のディストリビューションにて標準化されるであろう諸機能を、時間にして半年は先行して採用したと見ていいだろう。しかしながら本年2月に新たなFedoraプロジェクトリーダとして就任したPaul W. Frields氏の言葉を借りるならば、今回のリリースを際だたせている変化はテクノロジ面ではなくそのサポートコミュニティに関するものであり、より広範なフリーソフトウェアの世界に貢献するテクノロジとしての存在形態ということになる。

 Frields氏は以前のリリース作成にも関与してきたが、プロジェクトリーダ就任後のリリースはFedora 9が初めてとなる。最終的なリリースに到達するまでの過程において同氏を驚かせたのは、コミュニティが実際にどのように活動しているかであった。「一般的な貢献者の傾向として、それぞれが自分の役割分担にのみ没頭して、人のやる作業を顧みようとはしないものです。それに対して今回私が行った仕事はそれとまったく逆のものでした。リリース期限が近づくにつれ、私は様々なグループでの進捗状況を把握するように自分の視野を広げる必要に迫られたのです」

 Frields氏にとって新鮮な驚きだったのは、リリース直前の最終週になると「解決すべき問題は、あらかた片づけられていました。私が初めて知ったのは、事前の段階で準備が済まされていた作業が多く、それらの大部分がルーチン化されていたことです。実際、多くのプロセスはスムースに進行していました。私のようなA型人間にとって、ある意味これは屈辱的な出来事でしたね」という経験であったと、同氏は苦笑いしながら語っていた。

 「つまり、これまでに何度もリリース活動を繰り返してきた過程において、現実に即した有用なツールのセットが構築できていた訳です。これは内部的なプロセスに大がかりな変更を加えた成果というものではなく、むしろ個々のリリースごとに適切なバランスというものを見いだせるようになった帰結ではないかと私は考えています」