Ubuntu 8.04:アップグレードかクリーンインストールか

 あなたならどちらの方法をとるだろうか。Ubuntuの最新バージョン8.04 "Hardy Heron" の環境を手に入れるのに、パッケージマネージャを利用してシステムをアップグレードするか、それとも最新版のCDまたはDVDのISOイメージをダウンロードしてクリーンインストールを行うか。一般的には、クリーンインストールのほうが安全で好ましいとされている。この最新かつ最高のバージョンのインストールには全面的な設定のやりなおしという余分な手間が伴うが、アップデートに失敗した場合の苦労を考えれば何でもない、というのが従来の考え方だ。だが、もはやそうした慎重なアプローチをとる必要はないのかもしれない。

 先ごろ、開発用のマシンにUbuntu 8.04をクリーンインストールしたのだが、この作業はあっさりと済んだ。「/home」ディレクトリのデータおよび設定ファイルをバックアップしたうえで最新版をインストールし、バックアップしておいたデータを戻す。ただそれだけですべてがうまくいった。

134517-1.png
Ubuntu 7.10のパッケージマネージャ

 しかし、最近になって別のマシンのUbuntu 7.10のパッケージマネージャから最新のセキュリティアップデート公開の通知が届き、同時に8.04へのアップグレードを勧められた。そこで、アップグレードのほうも試してみることにした。

 このアップグレードの実行は、irc.freenode.netの#ubuntuチャンネルで受けたアドバイスに反するものだった。この件についてコメントをくれた3名は全員、クリーンインストールのほうを勧めていたからだ。ただし、そのうち1人は、あとの作業が楽だからという理由で自らはアップグレードを行っていた。それでも彼がクリーンインストールを勧めてくれたのは、危険を回避できる、複雑な設定を行うならその方が有利、短時間で済む、といった理由からだった。またその3名のうちのもう1人によると、#ubuntuチャンネルで目にしたUbuntu 8.04インストールに関する問題の大半がアップグレードを行った人から報告されていたという。

バックアップは早めにかつ念入りに

 クリーンインストールを行う場合、あらかじめバックアップを取ってインストール後にリストアするもの以外はすべて失われることが前もってわかっている。だがアップデートの場合は、アップデート終了後もあらゆるものが元の状態のまま動作することを期待するものだ。アップデート実行時に忘れてはならない最も重要なことはクリーンインストール実行時と何ら変わらない。始める前にすべてのバックアップを取っておく、ということだ。

 私のメインデスクトップ機にはハードディスクドライブが2つある。うち1つは、「/home」ディレクトリ内のメール、写真、動画、テキストファイルのバックアップ専用ドライブと化し、何年もの間にデータ量は相当なものになっている。Ubuntu 8.04へのアップグレード作業を始める前に、バックアップが間違いなく最新の状態になっていることを確認した。