終盤を迎えつつあるSCO訴訟

 優れた小説家であれば「事実は小説よりも奇なり」という諺を常々実体験として感じさせられているに違いない。そして先日ユタ連邦地裁にてSCO側が行った発言も、そうした事例の1つと見ていいだろう。それは、この日に備えて長年準備を進めてきたであろうはずのSCO首脳陣による、Unixの商標権はNovellではなくSCOが所有しているという主張にまつわる一連の発言であった。

 そもそも今回の一件はUnixの知的財産権(IP:intellectual property)がLinuxに無断使用されたというSCOによるIBMその他の企業を相手とした訴えが主題ではなかったはずなのだが、Novell側の弁護士たちはこの点をも追及しだしたのである。その背景に関して流れている憶測の1つは、SCOの破産申請という事態の発生によって今回がLinuxに関するSCO側の主張を法廷にて攻撃する唯一無二のチャンスと化したため、競合製品の登場妨害を目的としたFUD行為を展開するべき最初にして最後の機会として利用することを思い立ったのであろう、というものだ。

 ただし状況がここに至る以前の段階でNovellによる攻撃の矢面に立たされていたのは、SCOにてUnixの知的財産権の有償提供を取り仕切るSCOSourceという部門のトップを一時期務めていたChristopher Sontag氏であった。そしてSontag氏は、UnixWareコードないしUnixWareにつながる一連のUnixツリー全体においてSCOが実際にどのようなコードを有償提供していたかに関する言及は回避したものの、SCOはMicrosoftから16,680,000ドル、Sunから9,143,450.63ドルをそれぞれ受け取っていたにもかかわらず、これらの取引および収益の発生をNovell/SCO APA(Asset Purchase Agreement:資産購入契約)の取り決めに反してNovellに報告していなかったことを最終的に認める状況に追い込まれていたのである。

 この公聴会の2日目(4月30日)にSontag氏は、同氏自身が「LinuxにてUnixWare固有のコードが本当に使用されているかは分かっていませんでした」ということを認めていた。また同氏は、「レガシー化したSVRX(Unix)ソフトウェアがUnixWare中に」存在することを示す調査結果を何一つ承知していなかったことも認めている。SCOの有すUnixの知的財産権の責任者という立場にあって、SunおよびMicrosoftへのライセンス供与を手配した当事者であり、その所属する企業はLinuxにおけるUnixコードの不正使用についてIBMを訴えていたというにもかかわらず、Sontag氏の手元には、自分自身がいったい何を有償提供していたのかについての正確な情報がもたらされていなかったようなのである。