デザインワークに適したフォントマネージャを見極める

v 多数のフォントライブラリを使用するデザイナの場合、作業に応じて必要とするフォントに素早くアクセスできるようプロジェクト別にカテゴリ分けしつつ、不要なフォントは随時無効化してシステムメモリの浪費を防止するという使い分けができれば理想的であろう。GNU/Linuxデスクトップにてこれらのニーズをすべて満たすフォントマネージャはわずか2年前には皆無であったのだが、将来的な可能性をも含めるならば、今では実に4種類ものフォントマネージャがその候補として上るようになっているのである。

Fonty Python

 私が Fonty Python レビュー記事を最初に執筆したのは1年前の話であった。それ以降の変化として、Type 1(PostScript)フォントのファイルフォーマットが追加サポートされはしたものの、その他には特に目に付く拡張は施されていないようである。

 Fonty Pythonの場合、python2.4-imagingおよびpython-wxgtk2.6に対する特異な依存関係を有しているが、メジャーなディストリビューションであればこれらは問題なく手に入るはずである。これらの依存関係がクリアできた後のインストール手順では、ダウンロードした最新バージョンのtarボールを展開し、root権限でログインし直してから、ファイルの展開先ディレクトリにて「python setup.py install」というコマンドを実行する。その後数秒待つとfontypythonというコマンドによるFonty Pythonの起動が可能となっているはずである。

 Fonty Pythonにはデザインワークで必要とされる機能はすべて装備されているものの、インタフェース構成については風変わりな点が散見される。その手始めはフォントのコレクションを“Pog”という単位で管理することであり、作成者であるDonn Ingle氏によるとこれはMonty Pythonに敬意を表した命名だそうだが、知らない人間にとっては意味をなさないのではなかろうか。またフォントサンプルも1行分のテキストしか表示されない。

 より重大な問題は、Pogの設定手順において3ペイン構成のインタフェースを駆けずり回らされることになる仕様であろう。このプロセスでは最初に右側のペインにて新規のPogを作成した後、左側のペインに移動して必要なフォントファイルを特定し、次に画面右上に移動し直してインストール先のPogを選択して、中央のペインにてこのPogに登録するフォント群を指定したら、最後に再び右下のペインに移動してPogのインストールを行うのである。

 この手間のかかる作業手順も慣れてしまえばそれ程苦にならないのかもしれないが、それでも機能性を重視した結果としてインタフェースにしわ寄せされた些細な不備と見なすには無理があるだろう。いずれにせよこのインタフェースについての改善を提案したとしても、同プロジェクトにおける過去の進捗ペースからして数カ月は待たされるはずだ。

fontmanager1.png
Fonty Python