OpenOffice.org Baseデータベースにおけるデータのインポート/エクスポート

 あらゆるデータベース管理システムにとってデータのインポート/エクスポートは非常に重要な機能であり、OpenOffice.org Baseにおいても例外ではないのだが、驚くなかれ、OpenOffice.orgには直接的な「インポート/エクスポート」コマンドがないのだ。それでももちろん様々な方法でデータベースにデータをインポート/エクスポートすることはできる。

 まずはもっとも簡単なケースを考えてみよう。Calcスプレッドシートの中にデータがあって、そのデータをBaseデータベースの中の新規の表にインポートしたいという場合だ。まず作業を始める前に、スプレッドシートの最初の行に列のラベルが含まれていることを確認しておこう。そうしておくとそれらのラベルがデータベースのフィールド名として使用されるので、インポート作業の際にデータの管理が楽になる。

 それではキーボードショートカットのCtrl-AとCtrl-C(あるいはEdit(編集)→Select All(すべて選択)とEdit(編集)→Copy(コピー))を使用してスプレッドシート内の全データをコピーしよう。次にデータベースのTables(表)セクションに移動して、Tables(表)枠の中で右クリックして、Paste(貼り付け)を選択する。するとインポート作業を手助けするためのウィザードが開く。ここでは新規の表にデータをインポートしようとしているので、表に分かりやすい名前を付けて、Definition and data(定義とデータ)オプションを選択しよう。

 次に、新しい表のための主キーを作成する必要がある。そのためにはCreate primary key(主キーの作成)のチェックボックスをチェックする。なおデフォルトの「ID」という名称を使用したくない場合にはフィールドに適切な名前を入力すれば良い。その後Next(次)をクリックして、Apply Columns(列の選択)画面に移動する。この画面では表に追加したい列を選択することができる。表示されているボタンを使用して追加したい列を指定することができたらNext(次)を押そう。インポート用ウィザードでは各列のデータ型が通常は問題なく推測されるのだが、推測結果を修正する必要がある場合には、Type formatting(データ型の設定)画面で変更することができる。またこの画面では列の名前や各フィールドの長さを変更することもできる。最後にDone(終了)ボタンを押せば、表にデータがインポートされる。