Icecastで行う音楽ファイルの独自ブロードキャスト

 手元にある音楽コレクションを日頃愛用しているLinuxマシンからインターネット全域をカバーしたミュージックストリームとして配信できるとしたらどうだろう? そのために必要な作業は Icecast サーバを用意した上で再生用のプレイリストファイルを設定することであり、こうした準備が整えばWebベースによる独自のインターネットラジオ配信が可能となってしまうのだ。手間暇かけて立ち上げたストリーミングサーバの使い道としては、自宅のマシンに格納された音楽ファイルを出先から自分専用に再生させるのもいいだろうが、あるいは広く友人たちの間で聴いてもらうことで新たなインターネットラジオブームの火付け役になるのもいいかもしれない。

 Icecastの実態は、独自のストリーム配信に必要なWebサーバ構築用のプログラムとライブラリのコレクションであり、具体的な役割はソースプログラムから渡されるオーディオデータへのURL指定によるアクセスを可能とすることである。またIcecastはShoutcastとシームレスな通信ができるので、あなたにその気があるなら、自分が独自のストリーム配信を行っていることを全世界の人間に知ってもらうことも不可能ではない。ラジオストリームの受信に必要となるのは、VLCMPlayerXineなどのプレーヤプログラムである。

 Icecastサーバにオーディオデータを渡すには、そのためのソースプログラムが必要である。そうした役割を担うIcesには、MP3でのストリーム配信をサポートした0.xバージョンおよびOgg Vorbisフォーマットをサポートした2.xバージョンという2つの系統が用意されている。ここで問題となるのは、IcecastサーバとIcesソースクライアントの設定が若干複雑で、特に新規ユーザにとっては1つのハードルとなることだ。

 これらのパッケージについては、UbuntuやDebianのように各自のリポジトリに収録しているディストリビューションも多いが、本稿では手作業でコンパイルするための手順を一通り解説することにする。最初に行うべきステップは、パッケージが依存する、libxml2、libxslt1 curl、libxslt1-dev、vorbis-tools、libogg-dev、libvorbis-dev、libshout3-devのインストールである。その次のステップとしてはIcecastおよびIces用ファイル群をダウンロードする。これら2つのアーカイブをそれぞれ専用のフォルダにて展開し、次にこれらの各フォルダに移動してから通常用いる「./configure; make; make install」コマンドによるインストールを行う。