新機能を取り込んでいっそうの高みに達したInkscape 0.46

 各種のツール、エフェクト、フィルタの新規追加および、インタフェースと動作速度面での改善が果たされたオープンソース系ベクタグラフィックスエディタの Inkscape が、バージョン0.46として新たにリリースされた。

 3大オペレーティングシステム用のインストールパッケージは、それぞれのバイナリ版がInkscapeのプロジェクトサイトからダウンロードできる。このうちLinux用ビルドについてはautopackageおよびZeroInstallフォーマットにて提供されているが、非公式ながら同サイトにはFedoraパッケージへのリンクも張られており、Ubuntuユーザの場合はInkscapeチームのDEBリポジトリとAPTを介したインストールをすることも可能で、そのための手順もInkscapeのホームページにて解説されている。その他のディストリビューションについても専用パッケージが順次公開されていくことになるだろう。

 今回のバージョン0.46では2種類の新規ツールを始めとして、各種の機能追加が行われている。

 新規ツールの1つは3Dボックスツールである。これはスパイラルおよびポリゴンツールと同様の単一機能に絞られたツールで、2次元平面上に3次元ボックスを精密描画する際に使用する。ここで扱うボックスは任意の3次元サイズにて描画することができ、仮想的に設定された消失点に対する位置関係はInkscapeが自動的に処理してくれる。

 もう1つの新規ツールは調整(tweak)ツールであり、これはモードを切り替えることで実質的に8種類のツールとして機能するようになっている。このツールを用いた既存のオブジェクトやパスに対するカーソル操作では、プッシュ、プル、ストレッチ、ディストーションという処理を施すことができ、その際に用いる操作自体はラスタグラフィックス系エディタにおけるペインティングツールの操作法と似ていなくもない。

inkscape_thumb.jpg
Inkscape 0.46で追加された3Dボックス、ステッチパス効果、調整の各ツール

 調整ツールの使用時には、プッシュ、グロー、シュリンク、アトラクト、リペル、ラフン、カラーペイント、カラージッタというモードを切り替えることができる。このうちプッシュ(push)はその名が示すとおりに、カーソル操作でオブジェクトやパスを伸ばしたり変形させるためのものである。グロー(grow)とシュリンク(shrink)は特定のオブジェクトを対象とした拡大/縮小をさせるもので、グローはオブジェクトの外側に向けて拡大させ、シュリンクは内側に向けて縮小させる際に使用する。アトラクト(attract)とリペル(repel)もこれらと同様の処理をするモードだが、その使用時にはターゲットとしたオブジェクトではなくカーソルに対する相対位置にて変形される。ラフン(roughen)とはターゲットのオブジェクトをランダムに複雑化させるもので、境界部のパスを散らした効果を与えることができる。

 これらの各モードを実際にどのような目的で使用すればいいのかを把握するには多少の実地訓練が必要となるであろうが、描画オブジェクトへの効果はその場で確認できるので、習熟にはそれ程手間はかからないはずだ。残された2つのモードは前述した6種類のモードとは異なり、オブジェクトのパスや形状ではなく塗りつぶしや輪郭線の着色を操作する際に使用する。つまりカラーペイント(color paint)はターゲットのオブジェクト色を調整ツールで選択しておいたカラーに合わせて変更させるモードであり、カラージッタ(color jitter)はランダムに変更させるモードである。

 既存ツール群の中でも特に目立った変更が加えられたのは、カリグラフィ(calligraphy)ペンのエングレービング(engraving)モードである。これは木彫り的な効果をシミュレートするためのものであるが、これにより例えば複雑なクロスハッチングをする際に線を1本1本描画する際の負担を大幅に軽減することができる。

 その他に触れておくべき新機能としては、選択した複数のポイントをつなぐ円ないし楕円を描画させる機能(つまり中心点以外を指定した描画ができる)や、鉛筆およびペンツールに装備された単一ドットのみを描画するという機能がある。このドットはカーソル操作不要で描画可能となっているので、従来存在した“ユーザが手作業で実行可能な最小幅が描画可能な最短のラインセグメント”という束縛から解放されることを意味している。