パーティション分割不要のUbuntuインストーラー、Wubi

 UbuntuをWindowsマシンにインストールする場合、UNetbootin翻訳記事)のように、Linux用のパーティションを用意し、そこにインストールするのが一般的だ。しかし、Windowsユーザーのための非公式Ubuntuインストーラー Wubi を利用すると、既存のプログラムやファイルを誤って失うことなく、UbuntuをWindowsの中にインストールし、そこから起動できるようにすることができる。WubiはUbuntuをWindowsドライブ上のファイルの中にインストールし、自身をWindowsのboot.iniファイルに追加するので、起動時にWindowsとLinuxを選択できるようになる。

 Wubiはこの4月にリリースされるUbuntu 8.04 Long Term Support(LTS)を対象としている。現時点では、WubiもUbuntu 8.04も安定ベータ版だ。

 Wubiのインストールには、UbuntuのCD-ROMまたはWubiインストーラーを使う。前者の場合、まずUbuntu 8.04をダウンロードしてCD-ROMに焼き、そのディスク上のインストーラーを実行する。後者の場合は、Wubiインストーラーを直接ダウンロードして実行する。大きさは10MBだ。この場合、インストールするファイルは手元にあるCD-ROMからではなくインターネット経由でダウンロードすることになるため、多少時間を要する。

 Wubiを利用するときのシステム要件は、プロセッサー1GHz以上、RAM 256MB以上、ディスクの空き容量4GB以上、Windows 98またはそれ以降(推奨はWindows 2000またはそれ以降)。今回の試用ではAcer Aspire 5315ノートパソコンを使った。プロセッサーはIntel Celeron M 540、RAMは2GB、ハードドライブは160GB、WindowsはVista Home Basic。

 Wubiのインストールや削除の方法は通常のWindowsアプリケーションと同じだから、Linux初心者あるいはパーティション分割やデュアル・ブートに不慣れな人でも安心だろう。まず、Ubuntuの最新ベータ版のISOイメージをダウンロードし、そのイメージをまっさらのCDに焼き、そのCDをパソコンにセットする。すると、Windowsの自動実行プログラムが起動し、機能を選択する画面が表示される。選択肢は「Demo and full installation」、「Install inside Windows」、「Learn More」の3つ。ここでは、Windowsへのインストール(Install inside Windows)を選択する。すると次に、インストールするドライブを変更するオプションと、Ubuntu用に確保する容量を設定するオプションが現れ、使用する言語、ログインに使うユーザー名を尋ねてくる。いずれでもデフォルトを選択する。必要になる操作はパスワードを入力することと最後にInstallをクリックすることだけだ。

 インストールの時間はほんの10分程度。ノートパソコンを再起動するとUbuntuを含むWindowsブート・リストが表示されるので、Ubuntuを選ぶ。ロードの様子は専用ドライブにインストールした場合と同じ。通常のGRUBメニューさえ表示される。

 オペレーティング・システムのロードが終わると、Ubuntuの下での第2のインストール処理が始まる。時間は約5分。この第2インストールではパーティション分割とパッケージのインストールはパスする。この処理が終わると、再度、再起動され、いよいよUbuntuのログイン画面が表示される。