TorrentFlux:サーバーで動かすBitTorrentクライアント

  TorrentFlux は、Apache、MySQL、PHPが動作しているサーバー上で動くBitTorrentクライアントだ。ほぼすべての操作をWebブラウザー上で行うよう実装されており、これにより従来のAzureusのようなクライアントにはない機能性を実現している。バックグラウンドにはBitTornadoクライアントがいて、キュー、ダウンロード、トレント・ファイルのシードを管理する。TorrentFluxを自分のマシン上で動かし、Webサーバー上のフォルダーの形でアクセスするという使い方ができる。また、帯域幅と転送速度を改善するために外部のホストにインストールすることもできる。

 BitTorrentはピア・ツー・ピアのファイル共有プロトコルで、中核となる配布元がなくても大きなファイルを転送できるという特徴がある。これは、インターネット上に散在する多様なソースからそれぞれファイルの一部分をダウンロードしてくるようになっているからだ。特に、CDイメージで700MB、DVDでは4GBにもなるLinuxのCD/DVDイメージの配布でよく利用されている。ファイルをダウンロードすると、その利用者はそのファイルのシーダーとなる。つまり、ダウンロードが終わってもクライアントを停止したりデータを削除したりせず、今度は自分がそのファイルの一部分をほかの利用者のダウンロードのために提供する。こうして、全体としての転送速度を高めるという仕組みだ。

 TorrentFluxは永続的なBitTorrentクライアント、つまりApacheサービスが生きている限りTorrentFluxもサービスを続ける。BitTorrentクライアントを明示的に動かさなくてもファイルをシードすることができるので、負担率(=アップロード量÷ダウンロード量)が高くないとトラッカーを利用できないようなトレント・ファイル・サービスを利用している人には便利だ。

TorrentFlux1_thumb.png
TorrentFluxのメインコントロールパネル

 外部からサーバーにアクセスできる環境の場合、自分以外の利用者にユーザー名とパスワードを作成し、TorrentFluxを使ったファイルのダウンロード・サービスを提供することができる。このマルチユーザー機能のためにTorrentFluxにはさまざまな機能が備えられている。その一つ、ファイル・キュー管理はトレント・ファイルのダウンロード順を管理して、先着順にサービスされるようにする。また、利用者のアクティブなダウンロード回数を制限する機能もあり、これを利用すると使用される帯域幅を抑制し適切な転送速度を維持したり、サーバーが特定の利用者に独占されないようにしたりすることができる。利用者の作成・編集・削除には使いやすい管理パネルが用意され、複数の利用者に管理者権限を与えることもできる。