滑り出し好調なFlash作成ツールSalasaga

 以前からGNU/Linuxデスクトップに足りなかったものの1つが、Flashコンテンツを作成するエディタである。Flashファイルの閲覧であれば、Adobeのプロプライエタリなプレーヤやまだ不完全だがフリーのGnash player翻訳記事)で間に合わせることができる。だがFlashの作成となると、OpenOffice.orgのDrawが持つ限られた機能を使ってFlash形式へのエクスポートを行うのが関の山だ。Flashの用途には他愛もないものが多いのでFlash作成機能の欠如は嘆くほどのことではないが、AdobeのFlash CS3 Professionalに匹敵するものが皆無なのも事実である。 Salasaga (最近まではFlame Projectと呼ばれていた)は、PC向けの教材やアニメーションをFlashで作成できるAdobe Captivateの機能を提供することにより、こうした不足を補おうとする取り組みだ。ただし、バージョンがまだ0.7.7ということもあって、機能の実現が優先されており、インタフェースの完成度は二の次になっている。

 Salasagaはクロスプラットフォームのソフトウェアであり、GNU/Linux、BSD、Solaris Nevada、Windowsで利用できる。GNU/Linuxではソースコードからのインストールが可能なほか、Gentoo、Fedora、Ubuntu用のパッケージもダウンロードできる。依存関係ファイルには少なくとも、GlibおよびGTK+のバージョン2.10、Pangoのバージョン1.16、libxml2のバージョン2.6.30、そしてFlash機能を提供するMingのバージョン0.4.0.beta5が含まれる。いずれかの方法でインストールを終えると、GNOMEデスクトップの「Graphics」メニューに項目が追加される。

 Salasagaを立ち上げると、プレゼンテーションソフトのような画面が現われる。画面の左側には個々のスライドが、右下の領域には現在のスライドが表示される。また、現在のスライドの各レイヤに関する情報が画面の右上に表示される。

 各メニューは編集画面の上に自然な形で配置されている。この編集用のメニューでは、完成したプロジェクトのデフォルト表示サイズ、プレビュー時の幅、デフォルトの背景色といった新規プロジェクト向けのデフォルト値を設定できる。これらの設定の調整が済んだら、各メニューを左から順に使って(「Screenshots」のインポートから「Slide」、「Layer」、「Export」へと)プロジェクトの作成を進めていく。こうした進め方は非常にわかりやすく、ほとんどの人は難なくこのソフトウェアの基本的な使い方を覚えて20分もあれば簡単なプロジェクトを作り上げることができるはずだ。あとは、結果をネイティブの.flame形式で保存するか、FlashまたはSVG形式にエクスポートすればよい。