Monday, October 3, 2016 5:00AM to 11:00AM (UTC) Schedouled down time to change site domain

OLPC XOに搭載されたEtoysの実地検分

 北米地区の住民に話題のラップトップを一足先に使ってもらおうという趣旨にて昨年末に実施されたGive One Get Oneプログラムであるが、そうして入手できたOLPC XOラップトップにおいて特に興味あるアクティビティの1つが同梱されたEtoysである。なおXOは学校の授業で使う教育用ツールであるという位置づけを反映して、ここでのEtoysなどはアプリケーションではなくアクティビティ(activity)と呼ばれている。

 EtoysはSmalltalkベースの学習用アプリケーションであり、ゲームをプレイしながらプログラムの構造を学ぶと同時に、OLPCユーザが独自のゲームを開発できるようにも配慮されている。しかもこうした喜びを味わう上で、必ずしもXOマシン本体は必要としないのだ。既存プロジェクトの実行やその構造の閲覧は各自が所有するその他のコンピュータにても可能であり、また独自のプロジェクトを記述したり、あるいはユーザにその気があれば将来的なXOのリリースに対するソフトウェア的な貢献をするのも不可能ではないのである。

 OLPCバージョンEtoysを試用するための最初の一歩としては、仮想マシンであるSqueakを各自のシステムにインストールしておかなくてはならない。SqueakとはSmalltalk-80をオープンに実装できるようにしたものである。最新版のLinuxディストリビューションであればSqueakが同梱されている可能性は高いので、とりあえずは各自が使用するディストリビューションのリポジトリを確認してみればいいだろう。私の使用するUbuntu 7.10の場合も、squeak、squeak-sources、squeak-image、squeak-vmのパッケージ群が用意されていたので、これらをインストールした。ディストリビューション固有のパッケージが見つからない場合は、マニュアル操作でSqueakのダウンロードとインストールをすればいい。

 OLPCバージョンEtoysのインストールでは、専用のイメージファイルをダウンロードする必要がある。またこうしてダウンロードしたzipファイルの解凍先としては、専用サブディレクトリを各自のホームディレクトリに作成しておく。そして当該サブディレクトリにてSqueakを起動し、解凍したEtoysイメージをコマンド「squeak etoys.image」にて読み込ませる。その後しばらく待つと、OLPC XOユーザがEtoysアクティビティをスタートさせた際に目にするのと同じ画面が表示されるはずである。

etoys1_thumb.png
XOのEtoys

 OLPC Etoysのオープニング画面には色分けされた雲形のオブジェクト3個と1台の自動車が配置されるが、この自動車は画面の外枠と雲形オブジェクトにぶつかると跳ね返るようにしてウィンドウ内を移動するようになっている。その他にこの画面に表示されるのが、自動車の動きを制御するためのスクリプトである。グリーンの雲で示されるGallery of Projectsをクリックすると、カリキュラム、アニメーション、チュートリアル、シミュレーションとゲーム、複合表示など各種のカテゴリに分類された20以上のプロジェクトが確認できるはずだ。これらの各カテゴリは、クリックにより個々の内容が表示されるようになっている。

 例えばGames and Simulationsをクリックすると、プランクトンを餌にする魚が泳ぐ水槽、ソフトウェアジョイスティックで制御する月面着陸船、論理回路の設計をシミュレートするコンピュータ設計用のプロジェクトが見つかるはずだ。またGalleryを探索すると、理想的なガスタンクのモデリングや病気の流行する様子を示したプロジェクトも用意されている。プロジェクトの内容は複雑なものもあれば単純なものもあるが、これらはいずれもEtoysにて作成されており、例えば3歳になる娘さんがXO上で各種のゲームとアクティビティを楽しんでいると教えてくれた私の友人の1人は、Etoysそのものに関しては若干レベルが高度すぎるようだと見ているものの、このアクティビティの対象年齢は幼稚園児から12歳以上とされているのである。

 こうしたプロジェクトを自分でも開発してみたいと思うならば、完成済みプロジェクトのスクリプトを参考にするのが近道であろう。そこで使われているコードの記述法は、独自に作成するプロジェクトでも応用可能なヒントやサンプルとなるはずだ。