Google’s Summer of Code 2008: 新たな分野、新たな動向

Google社が開催する Summer of Code (サマー・オブ・コード)は、オープンソース・フリーソフトウェアの開発に入門する世界中の学生を支援するという大がかりなイベントである。毎年夏休みに行われるこのプロジェクトも今年で4回目を迎え、過去のSummer of Codeの成果が実際に反映されるにつれて、学生参加が開発に果たす役割が再認識されている。今年はさらに多くのプロジェクトが採用され、その内容もコンパイラの機能追加からLiveCDの作成やゲームのマップエディタの開発まで、多岐に渡っている。まもなくはじまる学生応募の受付を前に、今年の傾向と印象的なプロジェクトについて紹介し、オープンソース・フリーソフトウェア振興や日本からの発信についても考えた。

概略とこれまでの動向

Summer of Codeでは、まず3月に学生を指導する組織(メンター組織)の募集が行われ、Googleが選んだメンター組織が発表されると次に学生からの参加申込受付が始まる。そして5月から8月にかけてオンラインでの指導が実施され、9月に成果物が公開される。各組織に採用された学生は、現役バリバリの開発者をつかまえて指導を受けられるだけでなく、自分の書いたコードが実際に使われる(かも)、オープンソース・フリーソフトウェアで収入を得るという貴重な体験を得ることができる(課題を達成した学生には奨学金として合計4,500ドルが支給される)。

本記事の執筆時点では、メンター組織として500以上の応募の中から過去最大の175団体が採択されている(Googleのブログ記事「Meet Your Mentors」参照)。そして学生の参加受付は3月24日~31日(日本時間では3月25日~31日)に行われる。その間に、学生はWebアプリケーションの応募フォームを埋めてプロポーザルを提出し、各メンター組織による選考を待つことになる。詳しい手順については、Google公式サイト(英語)の他に、国内ではFSIJ(特定非営利活動法人フリーソフトウェアイニシアティブ)によるSummer of Code 紹介ページがまとまった情報を提供している(筆者も執筆に参加している)。

注目のプロジェクト

以下では採択された175のメンター組織から、筆者が注目したものを紹介したい。ただしひとつの組織が複数の異なるソフトウェアについて募集していることもある。また現時点ではまだ課題を公開していない組織もあるため、関心を持たれた方はGoogle公式サイトにて各組織の募集内容を確認していただきたい。

今年の特色: 仮想世界、ゲームの増加

Summer of Codeの募集テーマの中にはその年の世相を反映したテーマがある。必ずしもそのテーマで採択される学生がいるとは限らないのだが、たとえば2006年の宇宙探査、2007年のオンライン選挙監視システムの募集が個人的には印象に残っている。では2008年はどうか。私見では、今年はゲームや仮想世界に関連したプロジェクトが増加しているのが目にとまった。

昨年「セカンドライフ」が国内でも注目されたLinden Labが参加し、これまでにもSummer of Codeでゲーム開発を募集してきたOne Laptop per Child(OLPC)の募集案にSimCity開発が加わった(過去記事「初代SimCityがオープンソースのMicropolisとして復活」参照)。ほかにも、Battle for WesnothBZFlagCrystal SpaceScummVMThousand ParsecWorldForgeといった数々のオープンソース・フリーソフトウェアのゲーム・仮想世界のプロジェクトがメンター団体として採択されている。その内容もゲームエンジン、ゲームAIからマップエディタまで幅広い。

さらにゲームだけでなくムービー、オーディオ関連のホビーユース全般まで視野を広げると、サウンドエディタ(Audacity)から合成画像ツール(panotools)からストリーミング(GStreamer)、メディアセンターPC(XBMC)といったシステムまでさらに多くの選択肢がある。

OSからアプリケーションまで

OS開発者コミュニティではGNU/Linux、BSD系のポピュラーなディストリビューションに並んで、MINIX 3GNU Hurd、さらに任天堂で研究システムとしてはじまったES(募集サイトでは学生向けに教科書まで紹介している)もSummer of Codeに参加している。また言語処理系も Perl、PHP、PHP、Python、Ruby、Squeak、Tcl/Tk、haskell、Lisp、C#(Mono)、C++0x、GNU Smalltalk と数多くの開発コミュニティが参加して豊富な選択肢をそろえている。

オープンソース・フリーソフトウェアとして知名度があるのはやはり各種アプリケーションだろう。Apache、Wine、X.org、Mozilla、MySQL、PostgreSQL、GIMP、FFmpeg、GNOME、KDEといった普及が進んでいるアプリケーションの開発コミュニティも学生参加を募集している。大学生の中には、GNU Emacs、Vim、R、TeX が不可欠のツールになっている人もいるかと思う。「実際に世の中を支えているソフトウェアで仕事をしたい!」と考えている学生は、こうしたアプリケーションの募集に注目していくとよいだろう。またウェブサイト構築方面では、Drupal、Geeklog、Joomla!、Plone、PostNuke、WordPress といったコンテンツ管理システムや、Wikimedia などの Wikiシステム、Galleryなどの写真共有システムがエントリーしており、ウェブデザイン分野を志望する学生にはこちらもお薦めしたい。