Gnash Flashプレーヤー 開発は一段落するもまだ未完

 フリーソフトウェアのFlashプレーヤーGnashの第1ベータ版(バージョン0.8.2)がリリースされた。このリリースは、プロジェクトにとっても、またFlashファイル(.swf)の再生を今もAdobeのプロプライエタリーなプレーヤーに頼っているGNU/Linuxデスクトップにとっても、一つの区切りとなるものだ。まだ未完とはいえ、YouTubeのビデオを閲覧するなどといった日常的な目的であればほぼ使えるレベル、つまり昨年6月に誇大に伝えられた翻訳記事)レベルには到達した。だが、それを超えると通常使用の範囲でも再生に失敗することがある。

 Gnashは、2005年末頃、Gameswfから生まれたプロジェクトだ。すぐにフリーソフトウェア・コミュニティーから幅広い注目を集め、Free Software Foundationの優先プロジェクトに選ばれた。これは、フリー・デスクトップにおける大きな機能的欠落の一つとして認められたことを意味する。

 ベータ版はGet Gnashサイトからソースコードの形で入手できるほか、Debian、Fedora、Ubuntu、FreeBSD、NetBSD、Windows向けのパッケージも提供されている。ほどなく、Debian UnstableやUbuntu 8.04を含む主要ディストリビューションのリポジトリーにも登録されるだろう。

 Gnashは、Gnashデスクトップ・プレーヤー、Firefox用Gnashプラグイン(EpiphanyなどのMozillaベースのブラウザーでも利用可能)、Konqueror用プラグインKlashから構成されている。プラグインはどちらもシームレスに動き、デスクトップ・プレーヤーも、通常の使い方であれば、gnashのあとにファイル名またはgnash -uのあとにURLを入力するだけで簡単に利用することができる。その一方、パラメーターを付ければ、ビデオを拡大縮小したり、高さと幅を正確に指定したり、リピート再生させたりすることもできる。また、デバッグ用のコマンドも用意されている。メッセージ一般を表示するスイッチ(-v)、Flashの動作状況を通知するスイッチ(-va)、ファイルの構文解析を通知するスイッチ(-vp)の3つだ。