Linux用各種オーディオ変換ツール

 ほとんどの携帯型オーディオ・プレーヤーはMP3オーディオ形式でエンコードされた曲を再生することができる。しかし、入手した曲がすべてMP3形式だとは限らない。Ogg VorbisFLACMPC形式のこともあるだろうし、WMAの曲だってあるかもしれない。その場合、入手した曲を聴くには形式を変換しなければならないことがある。そこで、この記事ではLinux上で使えるオーディオ変換ツールの中からえりすぐって紹介しよう。

 オーディオ・ファイルをできる限り簡単かつエレガントに変換したいなら、 audio-convert スクリプトがお勧めだ。実体はコマンドラインだが、Zenityを利用してGUIメッセージとウィンドウを表示する。

 使い方は簡単。「audio-convert filename」と入力すると、GUIメッセージが表示され出力形式を指定するよう求められる。次に、入力ファイルのメタデータ・タグを出力ファイルに引き継ぐか、入力し直すかを選択する。後者の場合、入力した全トラック共通のアーティスト名とアルバム名が出力ファイルに設定される。MP3に変換する場合は音質を指定することもできる。medium(160Kbps)、standard(220Kbps)、extreme(264Kbps)、insane(320Kbps)の4種がある。

 実際の変換は各種CLIツールを使って行われる。WMAファイルのデコードであればMPlayerが、MPCオーディオ・ファイルの操作にはmusepack-toolsが、Ogg、MP3、FLAC、ACC、WAV、APE、WMAの各形式を含む変換にはflacなどが使われる。簡単操作の変換をお望みなら、このエレガントなスクリプトをお勧めしたい。

  SoundConverter も軽量なツールで、オーディオ・ファイルの変換に特化した簡易なGUIを備えている。実際、フォルダーまたはファイルを1つ指定してUIのボタンをクリックするか、ドラッグ&ドロップするだけで、MP3、Ogg、FLAC、WAVの各形式に変換することができる。MP3とOggのビットレートは64Kbps~256Kbpsのいずれかだ。Preferencesウィンドウで、出力ファイルの命名法と場所を指定することもできる。たとえば、アーティスト名のフォルダーを作成し、その下にアルバム名のサブフォルダーを作成し、その下に曲を置くようにすることができる。クリック3回でファイルを選択するだけ、あとはお任せだ。