SpectoによるWebページの変更監視

 Webサイトへの新規投稿を監視できるLinux用フィードリーダはたくさんある。しかし、興味のあるWebサイトまたはページがフィードを配信していない場合はどうしたらよいだろうか。 Specto は、静的または動的なページに対する変更を監視できる小さいながらも見事なPythonアプリケーションだ。Spectoの設定によって、Wikiページ、ブログ投稿、フォーラムのスレッド、電子メールの受信箱、さらには自らのシステム上のファイルやフォルダについても変更の監視が行える。システムトレイアイコンからの邪魔にならないポップアップ表示があらゆる変更を通知してくれるので、更新されたページを探し回る必要がなくなる。

 Spectoは、ほとんどのディストリビューションのソフトウェアリポジトリから入手できる。あるいは、最新のリリース版が欲しければ圧縮されたtarballからインストールすることも可能だ。まずは「tar zxvf specto-0.2.2.tar.gz」コマンドでtarballを展開する。続いて「specto-0.2.2」ディレクトリに移動する。とりあえずSpectoを使うのであればインストールを行う必要はなく、「./launch.sh」コマンドでSpectoを起動できる。ただし、FedoraユーザとUbuntuユーザは、それぞれ「su -c "python setup.py install"」、「sudo python setup.py install」というコマンドを使ってSpectoをインストールしてもよい。

 インストール後はターミナルから「specto」コマンドを実行するか、「Applications(アプリケーション)」→「Accessories(アクセサリ)」メニューからSpectoを起動できる。起動するとSpectoの「Notifications(通知)」ウィンドウが現われる。

 Spectoでは、監視すべきすべての対象をウォッチ(watch)と呼ぶ。更新の監視が必要なウォッチを追加する前に、「Edit(編集)」→「Preferences(設定)」をクリックし、「Preferences」ウィンドウの通知エリアにある「Always show(常に表示)」アイコンをクリックしておく。「Preferences」ウィンドウでは、ウォッチの更新時に音を鳴らすように設定することもできる。「Preferences」ウィンドウの最上部にある「Duration(in seconds)(表示時間[秒])」スライドバーを使えば、更新を通知するポップアップの表示時間を指定できる。

 「Notifications」ウィンドウの「Add(追加)」ボタンをクリックすると「Add a Watch(ウォッチの追加)」ウィンドウが開く。たとえばSlashdotの更新を監視したければ、「Name(名前)」フィールドに「Slashdot」と入力して「Watch Type(ウォッチのタイプ)」ドロップダウンリストから「Website(Webサイト)」を選択する。また「Refresh Interval(更新間隔)」では、更新の有無をチェックする時間間隔を秒、分、時間、日のいずれかの単位で指定できる。続いて、「URL」フィールドに対象Webページのアドレスを入力して「Error Margin(エラーマージン)」を指定する。エラーマージンの設定は、Slashdotのように、頻繁に変わる広告のせいでSpectoがコンテンツの更新との判断を誤る可能性があるサイトで特に重要である。デフォルトでは、エラーマージンが2%になっている。エラーマージンを0%にすると、ほんの些細な変更でも更新と見なされる。Spectoは、更新の有無を判断する各項目のチェックを行ったうえでファイルサイズの差を計算することによって動作する。設定を終えて「Add」ボタンをクリックすると、指定したページの更新監視が開始される。